« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◎ キロ4000ベクレル未満の高濃度放射性廃棄物埋め立て なんと新たに「公園など緑地」に! ★ 「公園」の緑の下には、桜の樹の下には「死の灰」まじりの廃棄物が埋まっている―― わたしたちのこの国では、梶井基次郎も青ざめる、ふるさとは死の灰で緑なりきの、さらなる放射能列島化が進むことになる!/ 土で覆うだけ! 地下水放射能汚染は必至! 「除染廃棄物を再生利用」とは……! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕<福井新聞> ◇ 高浜原発再稼働、大阪高裁認める 仮処分覆り関電1年ぶり運転手続きへ / ◆ 「原発の差し止めが争われた裁判で住民側の主張を認めた高裁判断はない」 ★ 「高等裁判所」は、「原子力ムラ」の「御用裁判所」でしかないのか? »

2017-03-28

〔HAARP ハイテク軍事の闇〕◇ 「3・11」は人工地震 ノルウエー・トロムソとアラスカ・ガコナの「HAARP」施設が電磁波を、震源断層に照射 断(岩石)層の水分を沸騰させ、地殻変動を起こす ―― ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が、科学哲学者のジェームズ・フェツァーさんとの対談で指摘! / 水が液体から蒸気化する際、体積は1600倍に! ★ これが事実だとすると、「3・11」の震源は、HAARP電磁波による海底地下断層の破壊によるもの、ということになる!

 ◆ 「3・11」前の1週間、ノルウェー・トロムソのHAARPが、電離層を電磁波照射してヒートアップ!

          *

 ◆ アラスカ・ガコナのHAARP、「3・11」前の1週間にわたり、地震を誘発するとされる「2・5ヘルツ」の照射を継続!

          *

 ★ 写真は、HAARPとみられるトロムソの施設、および、「3・11」前、アラスカ・ガコナの2.5ヘルツ照射状況。

Screenshot5466

Screenshot5467

Screenshot5465

………………………………………………………………………………………

 ★ アラスカ・ガコナのHAARP。

Screenshot5469

Screenshot5470

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎  Norway HAARP facility was conducting a heating experiment of the ionosphere for a week before the Fukushima earthquake
 {2011年7月18日付け)⇒ http://antimatrix.org/Convert/Books/Fukushima_HAARP_Attack/Leuren_Moret_Fukusima_and_global_danger.html

Screenshot5468

          *

 ・ So they are actually using the heating beam, transmitted through the ionosphere from these HAARP facilities all over the world. But apparently Tromso, Norway and Gakona, Alaska were involved. And it boils the water in the fault zone and it causes it to form steam or to expand and it pushes the fault zone apart enough to get it to release.

 ・ The other piece of evidence that I was researching with another friend, and he discovered, we co-discovered, that the Tromso, Norway HAARP facility was conducting a heating experiment of the ionosphere for a week before the Fukushima earthquake.

 Now the Gakona, Alaska HAARP facility for a week before the earthquake was transmitting the 2.5 hz signal which is the particular wavelength that is used to trigger earthquakes.

          *

◎ 関連 03-27〔HAARP ハイテク軍事の闇〕◇ 「3・11」巨大地震、勃発直前(数時間前から)に、震源上空電離層の赤外線エミッションがピークを迎えていた! それ以前、3日間、電離層(ionosphere)の電子が、劇的に増加! / 大地震、2ヵ月後の時点で、NASA(米航空宇宙局)ゴダード宇宙飛行センターがデータを発表 / MIT(マサチューセッツ工科大学)の『テクノロジー・レビュー』が、謎の現象を報道 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/ionosphere-5376.html

Screenshot5471

Posted by 大沼安史 at 07:11 午後 7.ケムトレイル・HAARP |