« 〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕◇ 「森友」問題も噴き出すなかでの、「南スーダン 武装自衛隊部隊・撤退表明 南スーダン政府は「寝耳に水」のことだった! 米政府メディア「VOA(アメリカの声)」に対し、南スーダン大統領府スポークスマンが、「そんな日本政府の決定を知らない」と言明!  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕 ◇≪ENENEWS≫ が国際社会に拡散報道 ◎ 豪州のヘレン・コルディコット女史(ノーベル平和賞、医師)が、「フクイチの廃炉は不可能と、ほとんど確信」「廃炉が出来るなんて絵空事(ファンタジー)と言明するとともに、米国の原発専門家、アーニー・グンダーセンさんの「震度7以上の地震に襲われたら、フクイチ2号機は倒壊し、日本はもちろん、北半球全域を放射能で汚染しかねない」との警告を紹介し、そうなったら米国のボストンにいる娘さん一家をすぐにオーストラリアへ避難させる、と明言! »

2017-03-11

〔アベの政治を許さない〕◇ 元外交官の原田武夫さんが公開状(英文ブログ)で、安倍首相に退陣勧告! 「辞めなければ、誰もがあなたの健康を心配することになるでしょう」―― 「森友学園」問題の発覚の裏に、米国諜報機関の影。背後には、日本の「皇室」も――と! ★ 「3・11」の追悼式に、両陛下・皇太子がご出席なされなかったのは、安倍首相に対し、ご批判を持たれているせいかも知れない。

Screenshot5039

Screenshot5038

………………………………………………………………………………………

 In short, we have to recognize the on-going framed-up scandal around the “MORITOMO-GAKUEN” has to be, from my viewpoint, a typical covert action done by US intelligence agencies. And behind them, our Imperial House is always standing.

………………………………………………………………………………………

 ★ アベ退陣のあと、麻生副総理が再登板することになっている、と原田さんは明言している。

 元キャリア外交官の原田さんは 外務省の北東アジア課課長補佐(北朝鮮班長)を務めた方だ。

 その人が、「森友学園」事件の表面化の背後に、米政府(諜報機関)が一枚噛んでいる、と見ている。

 盗聴その他で、当事者の動き・会話などをつかんでいる、というわけか。

 日本の皇室(Imperial House)も、この事件を見守っている、とでも言いたげな原田さんの指摘も、重大な意味を持つ。

 両陛下らは、「愛国者」を標榜しながら、利権獲得に狂奔する動きに対して、不快感を抱いている、ということだろうか。

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Dear Prime Minister Shinzo ABE. 
 (4日付け)⇒ http://haradatakeo.com/?p=66554

          *

 ・ Jun’ichiro KOIZUMI, the former Japanese PM, can still enjoy his quasi-political life in the Japanese society, because he was so talented to make a decision to resign as soon as someone whispered to him the following: “Our Emperor recently talked to himself that the time has come for you to end up.” I would say, if Shinzo ABE, our dear Prime Minister, wouldn’t also do so, everyone would have to worry about your health condition from now on. The critical date will be either 6th or 7th of March, the date just after the arrival of their Imperial Majesties from Vietnam. The next PM to be, Taro ASO, who is in charge of the next bubble economy to be in Japan until the spring of 2018, is waiting. Don’t forget it.

 ・ In short, we have to recognize the on-going framed-up scandal around the “MORITOMO-GAKUEN” has to be, from my viewpoint, a typical covert action done by US intelligence agencies. And behind them, our Imperial House is always standing.

          *

 ◎ 両陛下がご出席されなかった「3・11追悼式」に、皇太子ご夫妻ではなく、秋篠宮ご夫妻が出席した。

 この理由が、いまひとつ、腑に落ちない。

 時事通信は、「昨年で発生から5年の区切りを迎えたことを踏まえ、今後は10年など節目の回にその時の天皇、皇后が出席する方向という。/ 天皇陛下の退位に関する法整備の検討が現在進められ、皇太子さまが数年内に即位する可能性があることも考慮し、秋篠宮ご夫妻の出席が決まったという」と報じているが、なんだか、よく分からない。

          *

 この関係で気になるのは、原田さんの上記、「退陣勧告」が1週間も前に――4日付けで出されたものであることだ。

 これを見た安部政権側が、陛下‘最後の「3・11」のお言葉’で、とくに「フクイチ」に関して、何を言われるかわからないと恐怖し、両陛下・皇太子さまのご出席を阻んだのかも知れない。

Posted by 大沼安史 at 07:32 午後 |