« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 時事通信が調査報道で警告! ◇ 再稼働した川内原発1、2号機や高浜原発3、4号機、伊方原発3号機(愛媛県)で、なんと配管の保温材を外さずに、「配管を点検」! ―― ◎ 中国電は昨年12月、運転開始後初めて島根2号機で配管に巻かれた保温材を外し、腐食や穴を発見。★ 「規制委は全国の原発の実態を確認する」そうだが、あまりにもいい加減すぎるのではないか!  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕◇ 福島大学の荒木田岳(たける)准教授が4日、神戸での講演で、語る。「政府は手に負えない問題から自分たちを守ろうとした。住民に被ばくを押しつけても平気になり、事故は日本社会をも崩壊させた。権力に惑わされず、一人一人が主体的に言いたいことを言える状況をつくらないと」 ★ 被曝強制を恥とも思わない安倍政権! 被曝の荒れ野から、戦後民主主義を破壊し尽くす「放射能ファシズム」が噴出している! 正念場だ! »

2017-03-07

〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕◇ 岐阜県土岐市の核融合科学研究所で、重水素核融合実験を開始 ! ◆ 「東海アマ」さんがブログ警告 / 中性子線、スカイシャインで、多治見・土岐市街地に放射の恐れ! 「たとえ一回あたりの被曝量が微々たるものであっても、一日30回、年間数千回も浴び続ければ、必ず健康被害が出てくるであろうことは容易に想像できよう」◆ 市民団体が共同で抗議声明 / 「年間最大555億ベクレルという到底微量とは言えない放射性トリチウムが発生する実験」/ 研究所から700mの地点に小学校が! 

Screenshot4955

  東海アマさんツイッターよびかけ 

 「実験場所から100m以内では多量の中性子が出てくるはずです。このとき塩(JTの安い塩が良い)2Kgほどを置いて12時間後に回収し、スペクトル分析すれば1370Kと2750Kの強烈なピークが出て中性子の存在を証明することができます」 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 東海アマさんブログ : 土岐市・多治見市における重水素核融合実験のトリチウムと中性子
 ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/tokaiama/27805430.html

 ◎ 東海アマさんツイッターよびかけ 「実験場所から100m以内では多量の中性子が出てくるはずです。このとき塩(JTの安い塩が良い)2Kgほどを置いて12時間後に回収し、スペクトル分析すれば1370Kと2750Kの強烈なピークが出て中性子の存在を証明することができます」 ⇒ https://twitter.com/tokaiama/status/838704840519798784 

          *

◎ 「多治見を放射能から守ろう!市民の会」「NO NUKESとエコ・東濃」などの共同抗議声明 ⇒ http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1745

Posted by 大沼安史 at 10:41 午前 |