« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ OECDが運用する、ノルウェーの「ハルデン原発(The Halden Reactor 25MW、沸騰水型重水炉)で昨年10月24日、ヨウ素131漏洩事故 / 1958年運転開始の老朽炉 / 事故後、ノリウェー規制当局、運転免許を剥奪! ◎ 欧州各地で、ことし1月以降、ヨウ素131をはじめ、セシウムなどを検出、「放射能プルーム」への恐怖が広がるなか、今月3日、オスロ(ノルウェー)の「ベローナ研究所」が、「ハルデン炉」事故について報道。あらためて注目、集まる!  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕◇ 岐阜県土岐市の核融合科学研究所で、重水素核融合実験を開始 ! ◆ 「東海アマ」さんがブログ警告 / 中性子線、スカイシャインで、多治見・土岐市街地に放射の恐れ! 「たとえ一回あたりの被曝量が微々たるものであっても、一日30回、年間数千回も浴び続ければ、必ず健康被害が出てくるであろうことは容易に想像できよう」◆ 市民団体が共同で抗議声明 / 「年間最大555億ベクレルという到底微量とは言えない放射性トリチウムが発生する実験」/ 研究所から700mの地点に小学校が!  »

2017-03-07

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 時事通信が調査報道で警告! ◇ 再稼働した川内原発1、2号機や高浜原発3、4号機、伊方原発3号機(愛媛県)で、なんと配管の保温材を外さずに、「配管を点検」! ―― ◎ 中国電は昨年12月、運転開始後初めて島根2号機で配管に巻かれた保温材を外し、腐食や穴を発見。★ 「規制委は全国の原発の実態を確認する」そうだが、あまりにもいい加減すぎるのではないか! 

〔★は大沼〕 ◎ 時事通信 原発40基、詳細点検せず=配管腐食、再稼働の川内・伊方も-電力各社
 (1月14日付け)⇒ http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011400162&g=eqa

Screenshot4954

Posted by 大沼安史 at 10:22 午前 |