« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目に〕◇ フクイチ・ライブカメラ(4号機側)が今月13日の夜からとらえている「謎の発光」現象の場所は「共用プール屋上」の「4号B系非常用電源空冷装置」で! 地盤共振で励起されて、この空冷装置から出た「高放射線量塵埃の飛散が発火にまで到った」模様!  ―― ★ 画像解析の世界特許保有者の岩田清さん(名古屋在住、版画家)が解析結果をツイッター公表! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目に〕<いつ爆ぜむ青白き光を深く秘め原子炉六基の白亜列なる>  大熊町の歌人、佐藤祐禎さん(原発避難中の2013年3月12日に、83歳で死去)  初歌集(75歳時)『青白き光』より »

2017-03-18

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目に〕◇ 福島の小児甲状腺癌の多発は、「放射能が原因とは考えにくい」と言いながら、「福島医大」の「ふくしま国際医療科学センター」が、イスラエル企業と「急性放射線症候群の治療及びがん患者の放射線治療後の合併症の治療における……細胞治療製品『PLX-R18』開発」の共同研究で覚書を締結! ★ フクイチ被曝癌患者を新薬開発の実験台にするつもりなのだろうか? 福島医大にはこの「共同研究」について説明責任がある!

Screenshot5227

Screenshot5228

Screenshot5230

………………………………………………………………………………………

 ★ イスラエル企業「プルリステム・セラピューティクス社」のHPには、「共同研究」が「将来的に福島で原子力発電所の廃炉作業に携わる方々の医療・健康面の支援に」役立つ――貢献するものであることが明記されている。

 これは、フクイチ廃炉作業の被曝による癌患者の増加を見越した記述ではないか?

          *

 結局、福島医大につくられた、あの巨大な「ふくしま国際医療科学センター」とは、フクイチ被曝地での癌患者を新薬の実験台にするためのものだったのだろうか?

 
          *

 ★ 「プルリステム・セラピューティクス社」HPの日本語広報には、以下のように書かれている。

 ◇ また、2015年12月には、急性放射線症候群の治療及びがん患者の放射線治療後の合併症の治療における当社の細胞治療製品PLX-R18の開発について、福島県立医科大学ふくしま国際医療科学センターと共同研究に関する覚書を締結しました。

 この共同研究が将来的に福島で原子力発電所の廃炉作業に携わる方々の医療・健康面の支援に役立つこと、また、放射線被ばくに関連する疾患から世界の人々を守る取り組みが前進することを期待しています。

          *

〔★は大沼〕  ◎ プルリステム・セラピューティクス社・広報(日本語) ⇒ http://www.pluristem.com/landingpage_jap/

Screenshot5229

 

         *

◎ 福島医大/ふくしま国際医療科学センター ⇒ http://www.fmu.ac.jp/univ/daigaku/topics_data/281211mirai_nairan.pdf

Screenshot5231

Posted by 大沼安史 at 11:47 午前 |