« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◇ 原子力規制委員会が(16年9月の1か月間の降下物中の放射性物質量が、1平方メートルあたり84ベクレル(放射性セシウム134と放射性セシウム137の合計値)だったのが、17年1月には5470ベクレルと短期間で約65倍となった福島県双葉郡のケースなど6つの都道府県データを取り上げた)週刊『女性自身』記事を受け、見解 原発建屋カバー撤去と数値上昇は「関係ない」―― だと! / 「女性自身」編集部は「(記事内容を)訂正するつもりはありません」! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◇ フィンランド中部(内陸部)のカヤーニで、今月(3月)5日前後に、核の臨海マーカー、「ヨウ素131」を検出! セシウム137も! 「★ 北欧は「フクイチ・プルーム」の北極経由・ジェット気流直撃のコース下にある! 日本政府、原子力規制委員会、東電は、「フクイチ再臨界」によるものないと言い切れるなら、その旨、国際社会に対して言明すべきだ! 週刊『女性自身』に対してと同様に! »

2017-03-31

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◇ 「フクイチ」へ、「ドローン」は「帰らざる旅(One-Way Journey )」に飛び立った! 海外専門サイトが、「フクイチ」の(建屋内?)探査に投入されたドローンが、数日間の活動を予定していたのに、530シーベルト被曝で、たった1日でダウン、と報じている! 「ロボット」だけでなく「ドローン」も! ★ 「核活火山」化した「フクイチ」の、放射能噴き上げのすさまじさを物語るものではないか! 東電は秘密裏に、ドローン測定も行なっていたらしい!

Screenshot5534

………………………………………………………………………………………

 ★ この問題を報じた海外の専門技術サイトは、ベータ線を防ぐことはできても、ガンマ線は防ぐことが不可能な設計になっており、ガンマ線を防ぐとなると、ドローンが重装備になり、消費電力が増大するなど、パフォーマスに影響が出て来る、と指摘している。

          *

〔★は大沼〕 ◎ オール・アバウト・サーキット Into the Fukushima Reactor: A One-Way Journey for Drones
 (21日付け)⇒ https://www.allaboutcircuits.com/news/one-way-journey-for-drones-the-fukushima-incident/

Screenshot5535

 

 ・ But drones going into the Fukushima site are breaking down much faster than planned. The latest drones die after a mere day of operation when they were expected to last several days.

 ・ Toshiba was tasked with creating drones that can withstand up to 73 Sieverts of radiation and operate for up to five days while exploring the Fukushima site. However, these drones die after a day of exposure with recent radiation levels recorded at 530 Sieverts.

 ・ So it is most likely that the drones being sent into Fukushima are having transistor states flipped and read only memory locations (such as FLASH) re-written. While protection from beta radiation can be implemented via the use of metal plates (such as steel) a few mm thick, gamma rays are virtually impossible to stop (requiring several meters of concrete). So even if the drone was protected from beta radiation, the gamma radiation from Fukushima may still cause the failure of drones within hours.

 To solve the gamma issue, engineers could revert back to more primitive silicon technology with large feature sizes and transistors which consume more current to operate (as they are less affected by radiation). However, such a move would have a serious impact on the performance of any drone, not only in terms of HD streaming but also in terms of power consumption.

Posted by 大沼安史 at 12:59 午後 |