« 〔フクイチ・核惨事 7年目に〕◎ 上海の規制当局 「MUJI」の日本食品を総点検 「フクイチ被曝地産の販売なし」と確認 / 「MUJI」スポークスマン、「中国当局の検査をパスした日本食品のみ販売」と表明! ★ 日本の規制当局も、輸出される日本食品の「産地偽装」を水際作戦で摘発し、国際社会の不安の一掃に努めなければならない! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目に〕<農などは継がずともよし原発事故続くこの町去れと子に言ふ>  ◎ 大熊町の農業歌人、佐藤祐禎さん(原発避難中の2013年3月12日に、83歳で死去)、平成元年の詠。 初歌集(75歳時)『青白き光』より  »

2017-03-20

〔フクイチ・核惨事 7年目に〕 ◎ 米国は地下にメルトダウンした溶融核燃の「状態」を、OCT(光学的凝集断層撮影)とGPR(地下貫通レーダー)で「見る」ことができる探査衛星を11基も宇宙に配備している。/ 赤外線カメラ搭載衛星(Infrared Satellite)を使えば、「フクイチ」現場の「プルーム」噴出源も確認できるはず。/ 中性子線衛星(Neutron detecting satellites )でも、デブリ・マップ作成が可能! ★ なのに、どうして???

   「圧力・格納容器内限定の残滓溶融核燃ロボット」調査に固執し、チャイナ・シンドローム化した「フクイチ」の、「地獄の黙示録状態」の公表を隠蔽、先送りを図る日本政府・東電に対して、海外から批判!

          *

 「東京オリンピック」が近づくにつれ、実態を公表するよう求める国際社会の圧力はさらに強まることだろう!

Screenshot5292

………………………………………………………………………………………

 ★ 衛星による地下探査テクノロジーは、秘密地下核実験をモニターするために開発されたものだそうだ。

 火山の噴火状態の探査にも使われているというから、日本もきっと自前の探査衛星を持っているに違いない。

          *

 ★ 日本政府は米国から、もしかしたら「フクイチ・核燃マグマ」地下拡散#Dマップのようなものの提供を受けながら、「国家特定機密」だと言って、ひた隠しにしているのではないか?

 とにかく、安倍首相が「アンダーコントロール」と大見得を切ってしまった以上、2020年の「東京オリンピック」までは、溶融核燃のチャイナ化実態については、「知らぬ・存ぜぬ」を決め込むつもりでいるんかも知れない。 

          *

〔★は大沼〕 ◎ グリーン・ロード・ジャーナル US HAS 11 SATELLITES THAT CAN 'SEE' THESE LOST 100 TON RADIOACTIVE LAVA CORIA
 (2016年3月4日付け)⇒ http://www.agreenroadjournal.com/2014/06/us-military-has-9-satellites-that-can.html#!/2014/06/us-military-has-9-satellites-that-can.html

 ・ The fact is that the US has 11 satellites that can find and locate these lost coriums in a few minutes, but for some strange reason, the Japanese don't seem to want to know where these 'lost' or orphaned coriums are. They are also not doing anything about finding them, like asking the US to send those satellites over the Fukushima site. With the importance that this mega disaster has, wouldn't you agree that the US knows where the coriums are already, and that they would have sent the satellites over the site to see for themselves where the coriums went, and to track them over time?

 Where is the US military in all of this? Or do they already know, and are they helping the Japanese government and TEPCO keep the secret, for fear of what would happen if the public found out how bad it really is?

  Whatever happened to all of those fancy devices that the organizations involved in the non proliferation of nuclear weapons use to detect active fission anywhere in the world in a few minutes?

          *

◎ 参考 ユーチューブ  Where's the CORIUM? 11 reasons why the US GOVT knows
 (2014年4月28日公開)⇒ https://www.youtube.com/watch?v=msIFpjRf-Z0

 ・ The US Government currently has 11 satellites in orbit (NROL) that are capable of Optical Coherence Tomography (OCT) and Ground-Penetrating Radar (GPR). The oldest was launched in 1995 and the most recent in August of 2013. The Project Missions are named KH-11,

Posted by 大沼安史 at 11:38 午前 |