« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◇ 北極圏・ノルウェー最北のスヴァンホウド(Svanhovd)で、今月(3月)6日から13日にかけて、臨界マーカーの「ヨウ素131」を検出! / 0.35マイクロベクレル / ことし1月に欧州各地で検出されたのに続く、ヨウ素検出 / 欧州での医療用ヨウ素工場からの漏洩なし! / 昨年10月に、ヨウ素131の微量漏洩のあったノルウェー南部、ハルデン研究炉とは無関係と、オスロの「ベローナ研究所」が言明! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◎ 【朗報!】◎ 米国の「ヘルス・レンジャー」ことマイク・アダムスさんが考案した、被曝食品の摂取で腸管内に蓄積した「セシウム137」を除去する処方、「セシウム・エリミネーター(Cesium Eliminator)」が特許を取得! / ゼオライトと乾燥海藻をベースに、セシウム137を95・44%も除去! アダムスさん、ライセンスの無償提供を言明! 手持ちの原料10トンで製品化したものを無償で被曝者にプレゼント! »

2017-03-30

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◎ 国連本部で開かれている核兵器禁止条約の制定交渉で、広島で被爆したサーロー節子さん(85)=カナダ在住=が28日の会合に出席して英語で演説し、交渉不参加を表明した日本政府に対し、「自分の国に裏切られ、見捨てられ続けてきたという被爆者としての思いを深くした( hibakusha’s feelings of being continuously betrayed and abandoned by their own country)」と厳しい言葉で非難した。

 ★ 彼女の言う「自分の国」とは、もちろん「安倍政権」のことだ!

  「裏切られ・見捨てられ」とは、フクイチ核惨事のヒバクシャにもあてはまる言葉だ。 

 ◎ 関連 安倍政権 福島第1原発事故をめぐり避難者らが起こした国家賠償請求訴訟で、国の責任を認めた前橋地裁の判決を不服として、30日、控訴。⇒ https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-2017033000638/

Screenshot5505

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ジャパン・タイムズ Japan and Australia harshly criticized for no-show at U.N. nuke ban talks
(29日付け)⇒ http://www.japantimes.co.jp/news/2017/03/29/national/japan-australia-harshly-criticized-no-show-u-n-nuke-ban-talks/#.WNyiAbn_oqQ

  ・ “I especially condemn the Japanese government’s inability to fully commit to these negotiations,” said Setsuko Thurlow, who lived through the atomic bomb blast on Aug. 6, 1945, that destroyed her hometown of Hiroshima.

“Indeed, yesterday morning the Japanese government official’s speech deepened hibakusha’s feelings of being continuously betrayed and abandoned by their own country,” she said in her speech during a session of the negotiations.

          *

 ◎ 東京新聞 「自分の国に裏切られた」 被爆者、日本政府を強く非難
 (29日付け)⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017032990135712.html

          *

 ◎ 参考 毎日新聞 ひと サーロー節子さん=海外で被爆証言を続ける
 (2015年12月10日付け)⇒ http://mainichi.jp/articles/20151210/ddm/008/070/121000c

Posted by 大沼安史 at 03:31 午後 |