« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目に〕◇ 1号機、格納容器汚染水内、ロボット調査 「燃料デブリがあると見られる床の部分は、はっきりと確認できず」 ★ 「石棺・気密ドーム化」から逃げ回り、先送り・先送りで、責任回避を続けるばかりではないか! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目に〕◇ 北太平洋のサーモン、激減 / アラスカなどで記録的な不漁 / アラスカのジュノーで、キングサーモンに2ヵ月の漁獲禁止令 / 日本の北海道も最悪の事態に / 「北海道新聞」の「鮭遡上、過去30年で最悪」報道も英訳拡散 / 原因不明 ―― ◎ ENENEWSが拡散報道 ★ 「フクイチ・放射能・海洋プルーム」が、北太平洋の鮭たちを生存の危機に追い込んでいるのではないか?  »

2017-03-21

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目に〕◇ 「フクイチ」の「メルトスルー溶融核燃」の所在場所、状態確認、衛星からの「地下貫通レーダー」(GROUND PENETRATING RADAR)探査でも可能! ★ 日本政府・東電は、どうして既存のテクノロジーを利用して、核燃溶融マグマの行方を追わないのだろう!

 ★ 写真は「サイエンス&テクノロジー」(リンクは下記)より。

Screenshot5324

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ グリーン・ロード・ジャーナル US HAS 11 SATELLITES THAT CAN 'SEE' THESE LOST 100 TON RADIOACTIVE LAVA CORIA
 (2016年3月4日付け)⇒ http://www.agreenroadjournal.com/2014/06/us-military-has-9-satellites-that-can.html#!/2014/06/us-military-has-9-satellites-that-can.html

………………………………………………………………………………………

◎ サイエンス&テクノロジー ⇒ https://str.llnl.gov/str/April05/Vincent.html

Screenshot5326

Screenshot5325

Posted by 大沼安史 at 10:44 午前 |