« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目〕◇ 「初の100万トン割れ」/ 北海道での2016年漁獲量 前年14%減の86万5000トンに! ホタテやサケなどが不漁!★ 主力魚種のイカ・サケホタテ……そして「昆布」までも! 「フクイチ放射能海洋プルーム」の影響かどうか、徹底調査が必要だ! | トップページ | 〔影の政府・闇の権力・組織によるハイテク民衆支配を許してはならない〕 ◇  <「脳の活動を読解」するナノレベルの微粒子、「スマート・ダスト」(nanotechnology agents (“smart dust”) that aid the readout of brain activity.)> を浴びせ(呼吸吸引させ)、それでもって電磁波で攻撃することさえ行なわれている! »

2017-03-22

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目〕◇ 「トリチウム」放出阻止の睨み合いが続くなか、フクシマのフィッシャーマンたちは放射能汚染水と闘い続けている(Fukushima fishermen fight release of tainted water as tritium standoff continues)! ―― ◎「ジャパン・タイムズ」が「福島民報」の記事を英訳し、国際社会に拡散報道! ★ 太平洋をこれ以上、「死の灰の海」にしてはならない!

Screenshot5346

………………………………………………………………………………………

 ★ 増え続ける放射能汚染水! 海への垂れ流しを避けるというなら、とりあえず、フクイチの「構外」で、タンク群を増設し続ければいいだけの話だ! 

 そうして時間を稼ぎながら、たとえば東電の柏崎刈羽原発構内に、トリチウムを分離できる処理プラントをつくり、そこへ汚染水を大型タンカーで運んでいく。

 これはなにも、わたしの思いつきではない。

 すでに専門家から提案されていることである。

 安倍政権の先送り策の無責任・無能に憤りを覚える!

 
          *

 〔★は大沼〕  ◎ ジャパン・タイムズ (19日付け)⇒ http://www.japantimes.co.jp/news/2017/03/19/national/fukushima-fishermen-fight-release-tainted-water-tritium-standoff-continues/#.WNH1hbn_rjp

 ・ Despite the steady recovery moves, however, local fishermen are not optimistic because their industry still faces “concern” that radioactive fish could tarnish their reputation.

 ・ Of the 950,000 tons, 750,000 were further treated with the Advanced Liquid Processing System, to remove most of the remaining isotopes. But even ALPS cannot remove tritium, and this has the fishing industry concerned that water tainted with tritium could ultimately be released into the ocean.

 ・ But the prefectural association of fishing cooperatives remains opposed, worried that an ocean release could further damage the image of Fukushima’s fish and seafood.

 A fisherman from Onahama in the city of Iwaki said, “The move could lead to a loss of trust in the prefecture’s seafood, which the fishermen have worked hard to build.”

Posted by 大沼安史 at 01:11 午後 |