« 〔「美しい国」の国有地には「美しい小学校」がふさわしい〕◇ 「昭恵夫人が「名誉校長」から降りた(元)安倍晋三記念小学校」用地疑惑問題 : 「この事件は、人種的偏見の問題だけでなく、政治的談合( political collusion)への疑念を引き起こした」 ―― ★ 米国の首都、ワシントンの政・官界に圧倒的な影響力を持つ『ワシントン・ポスト』が、「デモクラシーは闇の中で死ぬ」との社是を掲げた紙面で、日本の「闇」を白日の下に曝け出す、核心告知報道! | トップページ | 〔東海アマさんのブログ〕 ◎「社会は弱者によって支えられている」 / 「ジャストパフォーマンス」は、人々が資本主義のもたらした競争や強欲に駆り立てられて無駄な生産活動を繰り返して環境汚染による自滅に至る本質的な欠陥を是正するために、一番大切な思想だ!  »

2017-03-03

〔田中龍作ジャーナル〕 【今治発・アベ疑獄】 ◇ 36億円の市有地を首相のお友達学園に無償譲渡 / 「土地ばかりではない。校舎やグラウンドなどの建設費用240億円のうち半分を今治市が負担する」 加計学園の理事長は、安倍晋三氏の米国留学時から友人で、卒業後も頻繁にゴルフや食事を共に楽しむ。首相にとってはお友だち中のお友だちである」――

 ◆ 事が猛烈なスピードで進んだのには理由があった。今治市議会関係者によると、内閣府からの強い催促があった。「来年(2018年)4月に開校しなければ今治市の国家戦略特区を取り消す」と脅されたという。

 
 ◎ (3日付け)⇒ http://tanakaryusaku.jp/2017/03/00015446

Screenshot4886

Posted by 大沼安史 at 09:54 午前 |