« 〔フクイチ・スーパー核惨事 またふたたびの「3・11」へ!〕◇ 東電が唱える「水棺」(して溶融核燃取り出し)―― 「できる道理なし!」 ◆ 「水素爆発」だけでなく、「溶け落ちた炉心が格納容器の床と反応して、爆発性のガスを大量に発生させて、それが(3号機で「特別に巨大に」)爆発した」/  ◎ 小出裕章さんが、1年以上も前に、東電が「常に甘い見通し」で「時間稼ぎ」をし、醜態を曝け出していく姿を、厳しく批判! ★ 安倍政権を一日もはやくゴミ出しし、小出さんのような人を原子力規制委員長に据えなくてはならない! | トップページ | 〔警察が不法行為を共謀〕【毎日新聞がスクープ】◇ 警察庁が2006年6月に、「GPS捜査・秘密裏指示」通達! / ◎ 現・安倍内閣の「官房副長官」の要職にある漆間巌氏が、警察庁長官だった時のことだ! ★ 漆間氏は「共謀罪」の法制化の動きにも深く関わっているのではないか? 不法行為の黒幕だったことが明るみに出た以上、即辞任すべきである! / 毎日新聞へのリークは、警察機構内部の「良心」によるものではないか? / 安倍首相は漆間官房副長官を更迭せよ! »

2017-02-01

〔フクイチ・スーパー核惨事 またふたたびの「3・11」へ!〕◇ (アベノ再稼働政権・御用達?)「原子力規制委員会(田中俊一委員長)」が、東電柏崎刈羽原発近くの新潟工科大キャンパスに設置している、世界唯一の地下深部300m地震観測システムを「廃棄処分」! 2007年の中越沖地震での柏崎原発の揺れ、「原発地下の特殊な地質構造が原因」と解明!★ 柏崎再稼働で大惨事になったときへの「備え」ではないか? 備えあれば(訴追の)憂えなし?

Screenshot4252

Screenshot4251

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕◎ 立石雅昭さんのFBレポート ⇒ https://www.facebook.com/masaaki.tateishi.1/posts/837974883008054

          *

 ◎ 新潟日報 世界唯一の態勢、廃止に惜しむ声
新潟工科大内の地震観測システム
 (31日付け) ⇒ 
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20170131304873.html

          *

 ・ 原子力規制委員会は、柏崎市の新潟工科大キャンパス内に設置している地下深部の地震観測システムを3月末に廃止する。地下3千メートルもの深さの縦穴に複数の地震計を取り付けた観測態勢は世界で唯一とされ、国際原子力機関(IAEA)などからも継続的な活用が期待されていた。専門家からは廃止を惜しむ声が上がっている。

 「貴重な研究拠点の廃止はもったいない」。地震観測システムで得た公開データを活用し、原発の耐震安全性に関する研究を進めてきた新潟工科大の原利昭副学長は無念そうに語った。

 ・ 科大の地震観測システム設置に関わった元JNES理事の蛯沢勝三・東京都市大客員教授は「これほどの深さに複数の地震計を取り付けるのは世界初の試みだ。リアルタイム自動スクラムの研究が進まないなど、多目的に活用されないまま廃止されるのは残念だ」と惜しむ。

 5年間では研究期間としては短いと指摘する蛯沢氏は、「地下深部の特殊な環境で地震計がどのように劣化するのかというデータ取得を含めて長期の観測が望ましかった。せめて、撤去した地震計を丁寧に解析してデータを公開すべきだ」と注文した。

Posted by 大沼安史 at 01:12 午後 |