« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 福島県庁が東電と交わした「原子力発電所周辺地域の安全確保に関する協定」に基づく、「福島県原子力発電所安全確保技術連絡会」が2011年2月25日の会合を最後に開かれていない疑い――すくなくとも福島県HPで、「周辺環境放射能測定結果の評価結果」を含む開催結果が公表されていないことが判明! / ★ 常時監視を続けているはずの大気浮遊粉じん(全アルファ放射能及び全ベータ放射能)などの検出データを隠蔽の疑い ―― 「桑ちゃん」ツイッターが指摘! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕 ◇ 「周産期死亡率(妊娠22週から生後1週までの死亡率)」 ―― 2001年から順調に減少していたのが、放射線被曝が強い福島とその近隣5県(岩手・宮城・福島・茨城・栃木・群馬)で、事故10か月後より、急に15.6%(人数としては約3年間で165人)も増加し、そのまま2014年末まで推移 / 被曝が中間的な強さの千葉・東京・埼玉でも6.8%(153人)増 / 「チェルノブイリ」による欧州での状況などに照らし、「フクイチ」放射能による可能性を推定  »

2017-02-18

〔国有地疑惑〕◇ 地元(大阪・吹田)の建築プロデューサーが、ブログで「瑞穂の國記念小學院」問題を、建築のプロの眼で徹底分析 / 「……ここからは憶測だが、普通の感覚ならば、こう考えるだろう。『最初に定期借地を申し込んだ時から、すべてストーリーはできあがっていた』」/「工事の伝票や支払いの流れを調べれば、8億1900万円 の『見積もり』が妥当なのかどうか、一発でわかってしまう。・ 産業廃棄物処理のマニフェスト・ ゼネコンから廃棄業者への支払い……」――

 ◇ 不思議なのは、(施工した建設会社の)ホームページには直近のメインの現場の作業写真が出ているのだが、こんな大きな工事の話題が出ていない。

 なにかご事情があるのだろうか。

          *

〔★は大沼〕 ◎ 山岸飛鳥氏( 木の家プロデュース 明月社 主宰)のブログ:「反戦な家づくり」 : 昭恵の学校=瑞穂の國記念小學院 やっぱ出来レースか
 (16日付け)⇒ http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1582.html

Screenshot4617

………………………………………………………………………………………

Posted by 大沼安史 at 08:40 午前 |