« 〔影の権力・闇組織によるハイテク犯罪を許さない〕◇ トランプ政権に対し、NSA内部告発者のカレン・スチュアートさんが、ツイートで直訴 ◎ マイクロ波(DEW)照射攻撃被害を続ける権力内不法組織の摘発を、聖書の「コリント人への手紙」の一節を引用して、訴え! ―― いよいよその時が来たら、最後の「切り札(trump)」を切り、犯罪集団を摘発し、死せる者を甦らせ、人びとを復活させてください! | トップページ | 〔国有地疑惑〕◇ 地元(大阪・吹田)の建築プロデューサーが、ブログで「瑞穂の國記念小學院」問題を、建築のプロの眼で徹底分析 / 「……ここからは憶測だが、普通の感覚ならば、こう考えるだろう。『最初に定期借地を申し込んだ時から、すべてストーリーはできあがっていた』」/「工事の伝票や支払いの流れを調べれば、8億1900万円 の『見積もり』が妥当なのかどうか、一発でわかってしまう。・ 産業廃棄物処理のマニフェスト・ ゼネコンから廃棄業者への支払い……」―― »

2017-02-17

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 福島県庁が東電と交わした「原子力発電所周辺地域の安全確保に関する協定」に基づく、「福島県原子力発電所安全確保技術連絡会」が2011年2月25日の会合を最後に開かれていない疑い――すくなくとも福島県HPで、「周辺環境放射能測定結果の評価結果」を含む開催結果が公表されていないことが判明! / ★ 常時監視を続けているはずの大気浮遊粉じん(全アルファ放射能及び全ベータ放射能)などの検出データを隠蔽の疑い ―― 「桑ちゃん」ツイッターが指摘!

 ★ 「技術連絡会」は原則として、

  3ヵ月に1度、定期開催することになっている。

Screenshot4613 この場では、空間線量の「1時間値の変動状況」/「空間積算線量」、(以下のような)「大気浮遊じんの全アルファ放射能の月間平均値」/大気浮遊じんの全ベータ放射能の月間平均値」が報告され、福島県HPで数値が公表されていた。

………………………………………………………………………………………
 ◆ 2011年2月23日 公表分 (⇒ こちら

………………………………………………………………………………………

Screenshot4614

Screenshot4615

………………………………………………………………………………………
 

………………………………………………………………………………………

         *

 ★ それが、「3・11」以降、6年近くも、「公表なし」の状態が続いている。

 これは、福島県民の裏切り行為と言われても仕方ないのではないか?

 「協定違反」は明らかだと思われる。地元の報道陣は事実関係を確かめ、県民のために報じていただきたい。

 それにしても、こんなありさまで、よく安全だから、安心して帰還せよ、などと言えたものだ!

          *

〔★は大沼〕 ◎ 「桑ちゃん」さんのツイート ⇒ https://twitter.com/namiekuwabara/status/832439539314548736

 ・ (原子力発電所周辺環境放射能測定結果の評価結果平成2 3 年2 月2 3 日福島県原子力発電所安全確保技術連絡会http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/public/quarter/2010/H22-3.pdf … )
 
 福島県は原発事故後、原子力安全確保の協定に違反、調査報告に違反している可能性。福島ばかりでなく各原発施設報告義務あり

          *

 ◎ 福島県HP 「福島県原子力発電所安全確保技術連絡会」⇒ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025c/genan137.html

 ◎ 連絡会 運営要綱 ⇒ http://www.pref.fukushima.lg.jp/download/1/kyoutei_youkou_5.pdf

Posted by 大沼安史 at 02:38 午後 |