« 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲政治利用は許されることではない!〕◆ 政府軍が首都ジュバ南郊のクビ村で、少女を含む女性らに集団レイプ / 主要閣僚のラム労相が辞任し、反政府軍に合流 ★ 無秩序・無法状態。稲田防衛相は、派遣した武装自衛隊の「日誌」を、リアルタイムで公表すべきだ! 国民は、いま自衛隊のみなさんが現地で、どんな状況にあるのか、知る権利がある! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「フクイチ・ライブカメラ(4号機側)」で見ると、夜間(日没時以降)、「狐火(黄色の光源)」が出現する、画面左側の建屋屋上で、この数か月間、「謎の作業」が続いていた! / 防火シートのようなカバーを取り付けてはと外す作業パターンを繰り返す!◎ 海外の「フクイチ・ウォッチャー」がスクショ画像つきで問題提起 ◆ 今月2日の日没夜には、「屋上狐火」も加え、排気塔の上層に「第2の狐火」が出現! ★ 不気味だ。東電は説明責任をまっとうせよ! »

2017-02-19

〔国有地疑惑〕◇ 「瑞穂の国記念小學院」の「校舎」に、安倍政権(国土交通省)から、「サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)採択プロジェクト」として、6194万4千円の補助金(国民の血税)を受けたが、「木造・木質化による先導的な技術の普及啓発に寄与する」校舎の用地は、なんと「防火地域」に指定されている場所だった! ★ 「防火地域」に「木の校舎」とは? どんな耐火設計になっているのだろう?

 ★「完成予想図」も、国土交通省のプレスリリースより。

Screenshot4629

………………………………………………………………………………………

Screenshot4631

Screenshot4633

………………………………………………

Screenshot4630

………………………………………………………………………………………

 ・ 大阪府豊中市内の防火地域に、私立小学校の校舎及び体育館を新築するプロジェクト。

 ・ 鉄骨造ではあるが、建物の内外部、また教室の床材に、杉材等の木質材料を使用し、木質化することで視覚的に大規模な木造校舎の再現を目指している。

・ 主体構造となる鉄骨を木造フレームと変わらない寸法で納め、内外にわたって木質化。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 国土交通省(木造住宅振興室) プレスリリース 平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)の採択プロジェクトの決定について
 (2015年9月4日付け)⇒ 
http://www.mlit.go.jp/common/001102301.pdf

Screenshot4632

………………………………………………………………………………………

 ◎ 「防火地域」とは ウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E7%81%AB%E5%9C%B0%E5%9F%9F

Posted by 大沼安史 at 11:11 午前 |