« 〔ホワイトハウス・トランプ会談 〕★ 「19秒」異例の熱烈握手の謎を米メディアが解明! 日本側カメラマンが2人に日本語で「こっち向いて」と声をかける! ⇒ 大統領が首相に「何、言っているの?」と聞く。⇒ 首相が得意の英語で、「どうか、わたしを見てください(“Please look at me.”)」と答える。⇒ 英語ネイティブの大統領はその通り受け取って、安倍を見て熱烈握手を続ける! ◎ 首相は自分でまいた種なのに、「熱烈握手」に対し、超失礼な「ゲーっ! なんだこれは」顔で返したことになる! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事〕 ◆ 「1号機」 (2011年)3月21~22日に「炉心再溶融(core re-melting)」の疑い / 「2号機」 同31日午後10時に、同じく「炉心再溶融」の疑い―― ◎「日本原子力研究開発機構(JAEA)」と「気象庁気象研究所」の研究チームが米アトランタでの国際会議(2014年2月3日)発表資料に明記 ★ 発表資料は、すでに知られている、同21日午前1~4時の「3号機・『炉心再溶融』の疑い」についても明記・確証! »

2017-02-13

〔田中龍作ジャーナル〕◎ 普通のオジサン、オバサンで作る「でんでん祭り同好会」は、毎週日曜日の昼前、国会議事堂正門前に集まり、ごく常識的な政権批判をする。/ 主催者の一人は「安倍でんでん閣下に知性と教養を身につけてもらい、襟をただして頂きます」と話す。「3人でも5人でもいいから集まって全国各地で でんでん祭り が開ければいい」★ 全国津々浦々、「でんでん祭り」で、さあ、安倍政権をゴミだしだ!

Screenshot4507

………………………………………………………………………………………

 ◆ でんでん太鼓は100円ショップでも手に入るが、最近は品薄となっているようだ。これこそアベノミクス効果だろうか。

 ◆ 一国の首相が漢字を読めない。本来ならばジャーナリズムが追及しなければならない深刻な事態であるのに、彼らは「安倍礼賛」に明け暮れる。

Posted by 大沼安史 at 08:52 午前 |