« 〔フクイチ・スーパー核惨事 またふたたびの「3・11」へ!〕◇ (アベノ再稼働政権・御用達?)「原子力規制委員会(田中俊一委員長)」が、東電柏崎刈羽原発近くの新潟工科大キャンパスに設置している、世界唯一の地下深部300m地震観測システムを「廃棄処分」! 2007年の中越沖地震での柏崎原発の揺れ、「原発地下の特殊な地質構造が原因」と解明!★ 柏崎再稼働で大惨事になったときへの「備え」ではないか? 備えあれば(訴追の)憂えなし? | トップページ | 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕 ◇ 南スーダン北部、産油地帯のマラカル( Malakal )周辺で、政府軍と反政府兵士の戦闘が勃発 / 南部のコジョケジでも少なくとも6人の兵士が戦死 ★ 南スーダン内戦が全国化しているようだ! 安倍と稲田に送りこまれた武装自衛隊は、どちらの側に向けて発砲しても、報復される! 即時撤退しかない! »

2017-02-01

〔警察が不法行為を共謀〕【毎日新聞がスクープ】◇ 警察庁が2006年6月に、「GPS捜査・秘密裏指示」通達! / ◎ 現・安倍内閣の「官房副長官」の要職にある漆間巌氏が、警察庁長官だった時のことだ! ★ 漆間氏は「共謀罪」の法制化の動きにも深く関わっているのではないか? 不法行為の黒幕だったことが明るみに出た以上、即辞任すべきである! / 毎日新聞へのリークは、警察機構内部の「良心」によるものではないか? / 安倍首相は漆間官房副長官を更迭せよ!

 ★ 漆間氏の写真はウィキより。

Screenshot4253

Screenshot4254

………………………………………………………………………………………

 ◆ 窃盗罪などに問われた男の公判で、東京地裁が昨年11月、弁護側の請求に基づき検察側に「保秘の徹底」項目の開示を命じた。

 その結果、警察庁がGPS捜査の実施状況について「文書管理などを含め保秘を徹底するもの」と明記したうえで、

 ▽ 容疑者の取り調べでGPSを用いたことを明らかにしない

 ▽捜査書類にはGPSの存在を推知させる記載をしない

 ▽事件広報の際はGPS捜査を実施したことを公にしない

 --との3項目に特に留意するよう記していたことが分かった。

          *

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 警察庁 GPS捜査、秘密裏指示 警察庁、06年に通達 書類も記載不可
(1日付け)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20170201/ddn/001/040/003000c

          *

 ◎ 漆間 巌(うるま いわお)氏のウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%86%E9%96%93%E5%B7%8C

 ★ ウィキには、こんな記載もある。

  ……2005年、宮城県の浅野史郎知事(当時)が宮城県警の捜査報償費について会計文書の閲覧と捜査員の聴取を要求し、県警側がこれに応じなかったため予算執行を停止すると、「捜査協力者に知事が会う目的で文書の開示を求めるならば、警察活動への介入そのもの。言語道断だと思う。執行停止によって一線の捜査活動に大変な支障が生じ、治安活動にもブレーキがかかる。知事は治安責任を果たしていないのではないか」と発言……

          *

 ★ 毎日新聞へ、漆間氏に関する情報提供があったのは、安倍政権の暴走に対して、「霞が関」の内部からも、強い懸念があることを反映したものとみられる。

 次の「リーク」は、もっと踏み込んだものになるのではないか?

Posted by 大沼安史 at 07:06 午後 |