« 〔フクイチ・メガ核惨事〕 ◇ 「周産期死亡率(妊娠22週から生後1週までの死亡率)」 ―― 2001年から順調に減少していたのが、放射線被曝が強い福島とその近隣5県(岩手・宮城・福島・茨城・栃木・群馬)で、事故10か月後より、急に15.6%(人数としては約3年間で165人)も増加し、そのまま2014年末まで推移 / 被曝が中間的な強さの千葉・東京・埼玉でも6.8%(153人)増 / 「チェルノブイリ」による欧州での状況などに照らし、「フクイチ」放射能による可能性を推定  | トップページ | 〔国有地疑惑〕◇ 地元(大阪・吹田)の建築プロデューサーが、「瑞穂の國記念小學院」問題を、建築のプロの眼で徹底分析 ② / 「やっとマスコミも取り上げ始めた昭恵の学校=瑞穂の國小學院について、まだまだ闇は深そうだ。実質タダ問題以外にも、もっと根が深いことを発見した」 »

2017-02-18

〔トランプ政権と「影の政府」の死闘、続く〕◇ 「選挙で選ばれたわけではなく、デモクラシーのコントロールもほとんで受けていないCIAに、国民に選出されたトランプ大統領の政権の足元を切り崩させるなど、狂気の沙汰だ。しかし、民主党のネオコン同盟者まで、それに同調している。彼らの動きを監視しなければならない」 ◎ スノーデンさんを取材支援している米国のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドさんが、活動拠点移転先のリオから、「デモクラシーNOW」のエイミー・グッドマンさんに言明!

Screenshot4622

………………………………………………………………………………………

 ★ ブッシュ政権をイデオロギー的に支えた「ネオコン」の代表論客、ビル・クリストル氏は、ツイッターで、「(CIAなどによる)デイープ・ステートの方がトランプ・ステート(トランプの国)より好ましい」と語ったそうだ。

 米国の諜報機関連合など「ディープ・ステート(影の政府)」のトランプ追い落とし攻撃は、熾烈なものになっている。

 攻防はヤマ場を迎えたようだ。

          *

〔★は大沼〕 ◎ デモクラシーNOW (16日付け)⇒ https://www.democracynow.org/2017/2/16/greenwald_empowering_the_deep_state_to

・ But on the other hand, the CIA was elected by nobody. They’re barely subject to democratic controls at all. And so, to urge that the CIA and the intelligence community empower itself to undermine the elected branches of government is insanity. That is a prescription for destroying democracy overnight in the name of saving it. And yet that’s what so many, not just neocons, but the neocons’ allies in the Democratic Party, are now urging and cheering. And it’s incredibly warped and dangerous to watch them do that.

          *

◎ 関連 ◇ トランプ大統領が米国の諜報機関に宣戦布告! ―― 「非合法的」「非アメリカ的」なリークをやめろ! /「ほんとうのスキャンダルは、米政府内からの政治的な思惑による情報漏洩工作」と、CIAなどを批判し、対決姿勢を鮮明に! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/post-85e2.html

          *

◎ 関連 ◇ 「アメリカよ、気づけ! トランプのホワイトハウスはいま、対露対立をエスカレートさせようとしている(CIAやNSAなどのエージェンシーで構成される)米国・諜報コミュニティーの攻撃にさらされている。底にあるのはカネだ、紛争でのボロ儲け狙いだ!」―― ◎ 米連邦議会(下院)の「良心」というべき存在だったデニス・クシニッチ元下院議員が警鐘を鳴らす! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/post-52ff.html

Posted by 大沼安史 at 05:15 午後 |