« 〔アベノ売国政権を一刻も早くゴミ出ししよう!〕★ 稲田防衛相がマティス国防長官に、写真入りチロルチョコをプレゼント! / マティス長官は米海兵隊の大将の昇りつめた軍歴の持ち主だ。「辺野古」はその米海兵隊さまへの献上アイテム。/ 「辺野古の海」を差し出したあげく、バレンタイン前にラブラブな「チョコ」を差し出す、ペンタゴン御用達ペット犬(メス)の愚劣なアホさ加減は何だ! ◎ そんななか、沖縄タイムズが、辺野古・高江で不当逮捕され、長期拘留中の山城博治さんを励ます手紙を社説で掲げる!  | トップページ | 〔ハイテク研究の闇 〕◎ 毎日新聞がスクープ報道 ◇ 10~16年度に京都大と大阪大の教授ら11人が米空軍と海軍から計約2億円の研究費を受けていた! / ◇ 米空軍が2010年度以降の6年間に、日本の大学研究者ら少なくとも延べ128人に総額8億円超の研究資金などを提供 ★ 元岡山大学の物理学者、中西孝充さんが受けている、中性子線などによる攻撃は、こうした米軍委託研究となんらかのかたちで関連しているのだろうか? »

2017-02-08

〔フクイチ・スーパー核惨事〕◇ フクイチ放射能雲( pollution cloud)、事故最初の数日間は西太平洋の温帯低気圧によって、日本の「東北部」に放射性物質を降下 / 対流圏の中・上層に上昇したプルームは5~6日で北米大陸に到達/ 東太平洋で枝分かれしたものは、1週間ほど遅れて、3月16~18日に北米西海岸を直撃 / プルームのヨウ素、前線での垂直ミクシングで地表部へ降下 

  ハンガリー・ブタペストの気象学研究チームが「ヨウ素131」をマーカーに、最新ソースターム(放出データ)をもとに、「ラグランジェ」大気拡散モデルを使って、 「フクイチ」放出放射能プルーム世界拡散メカニズム を解明!

………………………………………………………………………………………

 「フクイチ」は北半球すべてを放射性ヨウ素プルームで汚染していた!

 甲状腺癌の発生の恐れは、人類に対する世界規模の脅威となっている! 

 「フクイチ」地震・津波対策を怠っていた日本政府と東電は、とりかえしのつかないことを、してしまった!

………………………………………………………………………………………

Screenshot4402

………………………………………………………………………………………

Screenshot4403

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Nature.com Scientific Reports / Predictability of the dispersion of Fukushima-derived radionuclides and their homogenization in the atmosphere
 (2016年1月28日付け)⇒ 
http://www.nature.com/articles/srep19915#ref-link-section-11

 The pollution cloud was initially captured by an extratropical cyclone over the Western Pacific during the first few days of the release period causing most of the radioactive fallout occurring to the northeast of Japan.

The plume was lifted to the middle and high troposphere and, therefore, it was rapidly transported northeastward, arriving to North America only within 5–6 days.

Strong wind shear in frontal systems over the Eastern Pacific split the plume into two parts: one reaching Alaska and the Canadian Arctic, while the other arriving at the USA West Coast on 16–18 March.

Although the fast transport of pollutants occurred in the strong middle and high tropospheric winds, frontal systems following the jet stream caused efficient vertical mixing that allowed early detection of radioiodine in the planetary boundary layer (PBL).

Vertical turbulence related to frontal systems and deep convection provided efficient vertical mixing in both directions: it was responsible for the initial rapid lifting of the plume as well as the later downward transport to the atmospheric boundary layer.

Posted by 大沼安史 at 12:12 午後 |