« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「フクイチ」は「チェルノブイリ」のように、「石棺・気密ドーム」化するしかない―― アーニー・グンダーセンさん、そしてカリフォルニア州立大学サンジエゴ校のマレー教授が言明 ★ 米国の専門家から、プルーム封印対策の具体化を求める声が出て来た。どうしても「東京オリンピック」を開くというなら、安倍政権は開催に間に合わせるかたちで、突貫工事で、石棺・ドーム工事に着手すべきだ! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 2015年6月5日午前11時前から正午ごろにかけ、超大型クレーンでボックス型の装置を吊り上げ、「3号機」の上まで移動し、2度にわたり、何らかの作業が行なわれていた! ◎ フクイチ・ウッチャーのトロイ・リビンズストン(Troy Livingston)が「ライブ・カメラ(4号機側)」で確認、ユーチューブ化 ★ 4号機でも視認された「ジャイアント・バキューム(巨大吸引装置)」によるガレキ吸引作業とみられる。作業粉塵、プルーム化?! »

2017-02-21

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ ことし1月の第2週から月末にかけ ヨーロッパ各地の地上近くの大気中から、ヨウ素131を検出 ノルウェー、フィンランド、チェコ、独、で仏、スペイン / 放出源不明 / フランスではガス/微粒子ヨウ素、推定で最大1.5 µBq/m3にも! / 米空軍、放射能探知機( WC-135C Constant Phoenix Nuclear explosion “sniffer”)を英国の基地に派遣して、探査活動 

 ★ 「フクイチ再臨界プルーム」がジェット気流で、ダイレクトに欧州を直撃した可能性を、否定すべきでない!

Screenshot4675

…………………………………………………

Screenshot4677

………………………………………………………………………………………

 ◎ 仏IRSN(放射線防護・原子力安全研究所) Detection of radioactive iodine at trace levels in Europe in January 2017
(13日付け)⇒ http://www.irsn.fr/EN/newsroom/News/Pages/20170213_Detection-of-radioactive-iodine-at-trace-levels-in-Europe-in-January-2017.aspx

Screenshot4676

          *

 ◎ The Aviationist U.S. Air Force deploys WC-135 nuclear sniffer aircraft to UK as spike of radioactive Iodine levels is detected in Europe (19日付け) ⇒ https://theaviationist.com/2017/02/19/u-s-air-force-deploys-wc-135-nuclear-sniffer-aircraft-to-uk-after-spike-of-radioactive-iodine-levels-detected-in-europe/ 

          *

 ◎ エネニュース Mystery’: Radiation spikes being detected in many countries — US military secretly deploys ‘nuclear sniffer’ aircraft — Radioactivity levels quadrupled — Officials: Iodine-131 is “proof of rather recent release… the origin of which is still unknown”
 (20日付け)⇒ http://enenews.com/mystery-radiation-spikes-being-detected-in-many-countries-us-military-secretly-deploys-nuclear-sniffer-aircraft-radioactivity-levels-quadrupled-officials-iodine-131-is-proof-of-ra

Posted by 大沼安史 at 11:44 午前 |