« 〔甲賀の里より 新年 あけましておめでとうございます〕◇ AKIRAの元旦に、あわのうたをうたう | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 また再びの新年〕◇ ニューヨーク・タイムズが小泉純一郎・元首相の、「反原発」の立場を明確化し、「トモダチ作戦」で被曝した米水兵らを支援する闘いを、元日付け紙面で報道! / 「反原発」への態度豹変は、自民党のかつての部下の安倍晋三首相に対し、挑戦するものだ!/ 小泉元首相の「ライオン・ヘア」は白髪化した。被曝した米水兵と会って彼は、被曝と健康悪化の関係について確信を深めた! ★ そういえば安倍は真珠湾で、「トモダチ作戦」被曝水兵について一言もなかった! »

2017-01-01

〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目の初めに〕◇ 米国の地球物理学者、ローレン・モレット女史が明言! 「地球物理学兵器、『ハープ』の、テスラ・テクノロジー(the HAARP Tesla technology )を使えば、大気・海洋・陸地を汚染した(フクイチ)放射能被曝を逆転(reverse)することができる」 ★ わたしは女史のこの「言明」の科学的な根拠を知らない! しかし、昨年末、モレット女史について一通り、わたしなりに調べ上げた(読み取った)結果、信頼できる人であるとの結論に至り、この言明を、掲げる!

 Ms. Moret reveals how the HAARP Tesla technology can be used to reverse the radiation now present in the Earth’s atmospheric column, its oceans and land masses, and terminate the intentional extermination program.

          *

Screenshot3727

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Leuren Moret: Fukushima Radiation is Intentional Extermination and Ecocide that HAARP Tesla Technology Can Reverse
 (2014年6月9日付け)⇒ 
http://www.leurenmoret.info/currents/fukushima-radiation-ecocide.html

          *

 ★ 安倍政権は新年度予算で、「軍事研究費」を18倍増するという。( ⇒ こちら

 バカも休み休み言いたまえ!

 そんな予算があるなら、「フクイチ放射能対策」の「科研費」枠を設け、日本だけでなく海外の研究者にも応募資格を与えるべきだ!

 「軍事=破壊」の科学技術を開発して何になる!

 「フクイチ放射能」対策の、「人類再生」のための科学技術開発に、持てるもの全てを投入する時ではないか?

          *

 ★ モネット女史の言明に応え、日本を、人類を救おうと、応用のノウハウ、応用装置をつくろうとする、骨のある科学者よ、出でよ!

 移染でしかない除染を乗り越える、たとえば「生物除染」でも活路は開けるのではないか!

………………………………………………………………………………………

Screenshot3725

Posted by 大沼安史 at 12:48 午後 7.ケムトレイル・HAARP |