« 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕◇ 米EPA(環境保護庁)が11日、「フクイチ」を教訓に、「国家的に重大な核惨事(“nationally significant” nuclear disaster)」に備え、飲料水の非常事態時・放射能基準を、超大幅引き上げ! / EPA当局者は言った。「フクシマはわれわれ全員に事前の準備が必要なことをハッキリ教えてくれた」 ★ 必要なのは「基準値引き上げ」ではなく、浄水の備蓄と、放射能浄化(水)装置の確保だろう! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕《時事通信がスクープ報道》 ◇ 原発事故時に放射能に汚染された外気を遮断、気密と安全を確保して核暴走と闘わなければならない‘最前線’、「中央制御室」の空調排気配管に外気流入口となる腐食孔(穴)――中国電が島根2号機の配管保温材を外して点検したところ、腐食孔を多数発見! / しかし、再稼働した川内原発1・2号機や高浜3・4号機、伊方3号機では保温材を外さず、目視確認をしないで「点検」したことに! そのまま稼働! ★ 原発配管、穴だらけの恐れ! »

2017-01-15

〔ヒラリー敗北で窮地に立つ、米国の「影の政府」権力が「対トランプ戦争」を仕掛ける〕◇ 「ディープ・ステート(The Deep State :闇の国家)」が未確認情報を使って、大統領に選出された男と、戦争を始めた! ―― ◎ NSA(米国家安全保障局)によるグローバル盗聴問題を内部告発したスノーデンさんの支援ジャーナリスト、グレン・グリーンワルドさんが深層報道! ◇ 御用メディアを使って「フェイク・ニュース」攻撃!★ 日本の安倍政権も、日米をつなぐグローバルな「闇権力」の操り人形である。対岸の火事ではない!

Screenshot3939

Screenshot3938

………………………………………………………………………………………

 ★ グリンワールドさんは、たとえば昨年10月、「グローバル闇権力」の一画を占める、英国諜報機関「MI6」の元エージェントが、トランプのビジネス腐敗、性的変態ぶりを詳細に記した長文のメモを米国のさまざまなメディアに示し、報道させようとした――などの事例を紹介。

 ヒラリー大統領で権益維持を狙っていた「ディープ・ステート」権力が、メディアを使いながら、トランプたたきに狂奔していると報じている。

          *

 ★ 日本でも、民主党政権で新任の経産大臣を、御用マスコミが即辞任に追い込んだ事例は記憶に新しい。

 「フクイチ核惨事」でも、わたしたち、日本国民の世論をいまなおコントロールしているのは、日本の「ディープ・ステート」権力である!

          * 

〔★は大沼〕 ◎ インターセプト : The Deep State Goes to War With President-Elect, Using Unverified Claims, as Democrats Cheer
 (11日付け)⇒ 
https://theintercept.com/2017/01/11/the-deep-state-goes-to-war-with-president-elect-using-unverified-claims-as-dems-cheer/

          *

 ・ This is the faction that is now engaged in open warfare against the duly elected and already widely disliked president-elect, Donald Trump. They are using classic Cold War dirty tactics and the defining ingredients of what has until recently been denounced as “Fake News.”

 Their most valuable instrument is the U.S. media, much of which reflexively reveres, serves, believes, and sides with hidden intelligence officials. And Democrats, still reeling from their unexpected and traumatic election loss, as well as a systemic collapse of their party, seemingly divorced further and further from reason with each passing day, are willing — eager — to embrace any claim, cheer any tactic, align with any villain, regardless of how unsupported, tawdry, and damaging those behaviors might be.

 The serious dangers posed by a Trump presidency are numerous and manifest. There is a wide array of legitimate and effective tactics for combating those threats: from bipartisan congressional coalitions and constitutional legal challenges to citizen uprisings and sustained and aggressive civil disobedience. All of those strategies have periodically proven themselves effective in times of political crisis or authoritarian overreach.

Posted by 大沼安史 at 01:23 午後 |