« 〔フクイチ・スーパー核惨事 また再びの新年〕◇ 2011年3月15日、首都を襲った「フクイチ発・放射能雲(プルーム」は、「千葉」に対して、おそらくは「東京」の「1・8倍」もの「放射性ヨウ素(ヨウ素131)」を降らせていた!―― ウィーンでのCTBTO(包括的核実験禁止条約機関準備委)の国際会議(2013年6月17~21日)で、ロシア研究チームがポスター報告  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 また再びの新年〕◇ 「WSPEEDI」は2011年3月12日午後4時42分の時点での「フクイチ放射能雲(プルーム)」拡散を、以下のようにシミュレーションしていた! NHKワールド(衛星放送)がシミュレーション動画を報じていたようだが、ユーチューブ画像から消されている!  »

2017-01-02

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ ASKAさんは「ミヤネ屋」の宮根さんとのやりとりで、①「携帯」に埋め込まれた装置があり、② それは、その装置(携帯)から、半径200mの範囲内で、「僕のいるところを映し出し」「ズームでも追える」ソフト内蔵のもの――との判断を示し、その装置を「携帯」から取り外し、回収していたことを明らかにしていた!

★ 英国のマイクロ波兵器元開発者(物理学者)、バリー・トロワー (Barrie Trower)さんの警告の現実性(真実性)が、ASAKAさんの一件でも確証された! 

  スマートメーターなどで電磁波を照射、その電磁波で作動しリアルタイムで映像を送るデバイスが仕掛けられていたのでは?!

 

Screenshot3737

 

Screenshot3741

………………………………………………………………………………………

 ★ ASKAさんは宮根さんとのやりとりで、「『ぎふはぶ』という組織がある」と証言、それが「AR」(拡張現実、ASAKAさんはそれを「仮想現実」と誤って表現))技術を使って(盗撮を行なって)いる、とも指摘している。

 「ぎふはぶ」とは何か?

 単純に考えれば、GIFとHUBの合成語。

 「GIF(画像フォーマット)動画」で盗撮活動を続けている中核組織(ハブ)――ということなる。

 そう素直(?)に考えれば、そう自称する組織が、ASAKAさんを狙っていた、ということになる。

          *

 ★ 何のために?

 これはいろいろ考えられる。

 盗撮趣味もあれば、ASAKAさんを脅迫する映像証拠の確保狙いも考えられる。

          *

 ★ こうした電磁波デバイスのテクノロジーは、軍・諜報機関から流出したものが、いわゆる「諜報企業」などを通じ、闇組織や宗教カルトなどに売られている、ともされている。

          *

 ★ ASAKAさんが「携帯」から取り外したデバイスが、いまどうなっているか、気になる。

 かりに警察が証拠品として提供を受けているなら、徹底捜査で、「GIF=HUB」とか言うう「電磁波盗撮グループ」を一網打尽にしていただきたい!

          *

 ◎ 「ミヤネ屋」でのASAKAさんと宮根さんのやりとりは、以下の通り。

 ASKA 「警察で発表しなきゃ、喋らなきゃいけないんですけど、「ぎふはぶ」っていう組織があるんですけど、「ぎふはぶ」、そこが組織を作って、常に僕を、今ARっていう仮想現実(拡張現実と思われる)なんですけど、僕のいるところを映したりして、僕の携帯の中にそのアプリが埋め込まれていたんですよ。その証拠も取ってるんですね」

 宮根「ASKAさんの携帯に埋め込まれてるんですか、何かが」

 ASKA 「ええ、埋め込まれていたんですよ。それを見つけたのがおとといなんですよ。あっ、昨日、昨日見つけたんだ。で、それをスクリーンショットで画像に入れて、それで、スクリーンショット撮った上で携帯からそれを削除して、今は多分覗かれてないと思うんですけど。それは200メートル四方までは、あのなんですかね、ズームで追えるっていうソフトなんですよ。」

 宮根「あの、僕ASKAさんのブログをなんか読ませていただいてね、ASKAさんのご自宅だったりとか、ASKAさんの仕事部屋にね、その盗聴器が仕掛けられてるというのを書いてらっしゃるんですけども。それは何の目的で仕掛けられてるんですか?」

 ASKA「それは今度宮根さん個人的にお会いしたときに話しましょうよ。ものすごい今日本では想像のつかないテクノロジーが発達して、かなりの人がこういうことやられてると思うんですけど、それに気が付いたのはおそらく僕が初めてなんじゃないかと思うんですよね」

 宮根「うん、そのASKAさんを盗聴する目的っていうのはASKAさんはわかってらっしゃるんですか」

 ASKA「大体わかってます」

          *

〔★は大沼〕 ◎ 参考 ◇ 「中二病速報」 : ASKA、ギフハブという組織にARアプリを埋め込まれ周囲200mまで立体的に盗撮監視されていた(★ 番組の画面写真も)
 ⇒ 
http://chunisoku.com/archives/48968983.html

 ◇ NAVER : ASKA×ミヤネ屋で語られた「ぎふはぶ」を特定!? ギフハブ
 (12月12日付け)⇒ 
https://matome.naver.jp/odai/2148142117126813701

          *

◎ 参考 2016-08-19〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが告発!―― その③
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/watchsex-barrie.html

          *

◎ 同 2016-08-20〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ ほかの家に住む若いカップルが、自分たちの性行為などを自撮りするため、iPadなどのスイッチを押した瞬間、(たとえば)彼女の裸の胸の写真を、監視者がマイクロ波でゲット! ―― 世界45か国で、こうした「盗撮」活動が行われている! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが告発し警告!―― その④
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/ipad-barrie-tro.html#more

Posted by 大沼安史 at 06:02 午後 4.電磁波被曝問題 |