« 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕◇ 風力タービン、太陽光パネル、水素燃料電池だけ航行する「ゼロ・エミッション」ボートがこの春、世界周航へ出発! 全長30m、「エネルギー・オブザーバー」号 / フランスのサンマルで建造 セーヌ河を遡ってパリでデビューし、出発式 / 世界50ヵ国をめぐる ★ 「フクイチ」を「気密ドーム」で覆い、トリチウム汚染水の分離処理も開始し、原発再稼働を白紙に戻すならば、この「エコ・ボート」は喜んで「福島沖」を航行し、「フクイチ港」に寄ってくれるかも! | トップページ | 〔乗客の学生ら15人が死亡した昨年1月の長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故〕◇ 【重大ニュース】 ◎ 現場ガードレールの欠陥が判明 「不良施工、A種支柱を切断、長さはC種以下で強度最低」 「国家賠償法2条適用」対象事故 超音波ポストチェッカーで確かめた「ツツイ電子」が「社会正義」のために公表! 被害者に連絡を呼びかけ! »

2017-01-14

〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕◇ 東電・柏崎刈羽原発、2007年の中越沖地震で、「1号機」原子炉からも噴く! 1号機主配管の亀裂からも! ―― 岩田清さんが画像解析で確認 / 1・2号機排気筒の亀裂からも噴出! / ★「定期点検中」で原子炉には核燃がなかったはずの「1号機」炉が、噴いていた! 「フクイチ4号機」のように、ここでも核兵器用プルトニウムの極秘製造が行なわれていたのだろうか? 2007年の柏崎原発事故は第一次安部政権下のことである。

Screenshot3920

Screenshot3921

 

………………………………………………………………………………………

★ 岩田清さんは「3号機」でも原子炉で異変が起き、建屋外の昇圧トランスの火災は、その飛び火によるものと解析している。

 

Screenshot3908

Screenshot3907

………………………………………………………………………………………

 ★ 3号機、そして1号機の(おそらくは)核暴走!

 米山・新潟県知事は、2007年の柏崎事故の徹底した真相究明に取り組み、県民の負託に応えなければならない!

          *

〔★は大沼〕 ◎ 岩田清さん、ツイッター報告
 ⇒ 
https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/819708586355879936

Screenshot3909

 

……………………………………………………………………………………… 

◎ ⇒ https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/820273446122700800

Screenshot3919

        *

◎ 関連 01-12 ◇ 東電柏崎・刈羽原発 2007年の中越沖地震で「3号機」原子炉が損壊! ―― ◎ 岩田清さんが、一目でわかるかたち(ミニ・モザイク画像処理)で、3号機の原子炉の直上に立ち昇る「中性子ビーム」の垂直上昇(による「色調変化」)を可視化! ★東電は(当時の第一次安倍政権と謀って?)、この事実を隠蔽したようだ。 米山・新潟県知事は「柏崎刈羽原発」事故の徹底検証に取り組むべきだ! 『新潟日報』は検証報道を!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/01/post-64fc.html

Screenshot3879

          *

◎ 関連 本ブログ既報 : ◎ 阿修羅♪ > 槌田敦氏 (フクイチ)「4号機原子炉で天然ウランに中性子を照射し、軍用プルトニウム239の生成実験をしていた」 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/06/post-f863.html

          *

◎ マイ・ニュース・ジャパン : 柏崎刈羽原発の地震リスク、33年前から東電に指摘 運転再開は問題外
 {2007年8月18日付け)⇒ 
http://www.mynewsjapan.com/reports/675

Posted by 大沼安史 at 12:32 午後 |