« 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕◇ 画像可視化の世界特許を保有する岩田清さんが、「東電・柏崎刈羽原発、2007年中越沖地震事故」の真相に迫り、画像解析現場検証! ⑥ ―― ◎ 1号機の建屋の各所から煙が噴き出しているのを確認 排気筒(塔)からも! ◇ そして「解析可視化処理」で最終ゲットした、この映像! ★ 定期点検中の「1号機」の建屋は、原子炉で進行中の「異変」を告げていた! 「フクイチ4号機」同様、ここでも兵器級プルトニウム秘密生産が行なわれていたのか? | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年の初めに〕《J-CASTニュース》 ◇ 経産省がのめり込む 英国への「お土産付」原発輸出 / 日立傘下のホライズン・ニュークリア・パワー社が英中西部ウィルファで、東芝傘下のニュージェネレーション社が英北西部ムーアサイドで、それぞれ計画している「新規原発建設」―― 安倍政権(日本政府)「2つの原発を建設する資金を支援するため……国際協力銀行(JBIC)や日本政策投資銀行といった政府系金融機関を通じ、1兆円規模の支援を検討」  »

2017-01-19

〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕【タンポポ舎メルマガ】◇ 槌田敦さんが「フクイチ4号機」での軍事プルトニウム生産疑惑を解説! :「定検に入ることになっていた東電の福島第一4号機(日立製)で、東電と日立が共同して実験することにした〔そして「3・11」に遭遇、失敗した〕ものと思える」 ◇ そこで英国のウィルファに建設する原発2基を利用、「日英共同」で軍事プルト生産を画策! 

 ★ 2007年中越沖地震での東電・「柏崎刈羽原発1号機(定検中)」の「異変」は、日本でのこうした秘密核兵器開発の流れのなかで起きたものだったのか?!

 ★ 写真は槌田敦さんと、岩田清さんが可視化した「柏崎1号機から煙噴出」の解析確認画像!

Screenshot3992

Screenshot3993_2

Screenshot3921

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ たんぽぽ舎メルマガ【TMM:No2976】(17日付け)⇒ http://blog.livedoor.jp/yamada3gogo/?p=2

………………………………………………………………………………………

 ◎ 槌田先生の解説

          *

4.[福一4号(東電福島第一原発4号機)]

 そこで気づいたのが、沸騰水型軽水炉である。そもそも沸騰水型軽水炉は、GEが核兵器開発のために設計した原子炉である。

 そこで古文書を探しだし、沸騰水型軽水炉を用いて軍用プルトを生産する方法を確認し、定検に入ることになっていた東電の福島第一4号機(日立製)で、東電と日立が共同して実験することにしたものと思える。

 沸騰水型軽水炉を用いる軍用プルトの生産方法は、原子炉の中央に配置した低濃縮ウラン集合体を天然ウラン集合体に置き換え、制御棒を引き下ろして臨界とし、発生する中性子を天然ウラン集合体に照射すれば得られる。この原子炉は蓋を外して運転できるから、照射し終わった天然ウラン集合体の回収とその交換は極めて容易である。

 ところが、運悪く2011年3月の東北大地震によって制御棒が多数脱落し、福一4号は自動運転状態となり、この軍用ブルトの生産実験は失敗した。東電の慌てようは並ではない。テレビ会議を完全非公開しておきながら、燃料集合体のうち24本を特別扱いしたことをばらしてしまった。特別扱いするのは、天然ウラン集合体だからである。

5.[日英共同開発]

 福一4号(東電福島第一原発4号機)による軍用プルト生産実験はこっそり進める予定であった。

 しかし、この4号機では原子炉建屋を大破壊する事故にしてしまった。

 そして、この事故でヨウ素131や硫黄35の放出があり、4号機での軍用プルトの生産実験は暴露されてしまった。

 そのため、今後日本では、沸騰水型軽水炉による軍用プルト製造の再実験は不可能となった。

 そこで選ばれたのが、日英共同開発てあった。核問題でのイギリスとの付き合いは当初からであり、その再開である。日経新聞はその内容を次のように伝えている。

 「政府は、英国が計画する原子力発電所の建設プロジェクトを資金支援する。英国政府から原発の建設・運営を受託した日立製作所の英子会社に国際協力銀行(JBIC)や日本政策投資銀行が投融資する。支援総額は1兆円規模になる公算が大きい。
 
 先進国の原子力事業に、日本の官民が資金と技術の両面から深く関わる異例の展開になる」。

 ここで、『資金と技術の両面から--異例の展開」とは、通常の商取引ではないことを示す。支援対象は、日立子会社が英中部ウィルファに建設する原発2基。建設資金は約190億ポンド(約2.6兆円)、英国が25%、日立が10%、それに日本政府による「異例の資金支援」は1兆円(38%)である。

 つまり、建設資金の約半分(38+10=48)%は日本の官民負担である。

 日本には「異例」の目的があり、そのために「資金支援」することを示している。
 沸 騰水型軽水炉の日英共同開発とは、原子力の軍事利用について日本官民の資金と技術の移転である。

 この「異例の資金と技術の支援」は、イギリスに対する日本の軍事援助であり、許されることではない。

 「原子力民間規制委員会・東京」では、上記沸騰水型軽水炉での軍事開発とその援助を禁止する勧告を検討している。 

 (了)

Posted by 大沼安史 at 08:59 午前 |