« 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年の初めに〕◇ フクイチ被曝地の土壌などに含まれるプルトニウムを検査せよ! ―― ◎ ドイツ(ミュンヘン)の「マイエル=ライプニッツ研究所」が、なんと、たった数ミリグラムのサンプル(土壌・海水)で、プルトニウムをAMS分析(加速器質量分析)する技術を開発! ★ 日本にも同じようなプルトニウム検出技術はあるはずだ! そろそろプルトニウム・ホットスポットの確認作業に入るべきだろう! 住民帰還地の調査は不可欠だ。 | トップページ | 〔ヒラリー敗北で窮地に立つ、米国の「影の政府」権力が「対トランプ戦争」を仕掛ける〕◇ 「CIAはトランプを暗殺するか?」 ―― ◆ 米国の有力サイト「ゼロ・ヘッジ」が衝撃の見出し(ヘッドライン)で情勢報道! /、「米国の『影の政権(シャドー・ガバメント)』が、トランプ政権が固まる前に、「ワシントン」をコントロールする恐れがある」との、元連邦下院議員、ロン・ポール氏の警告も紹介!  »

2017-01-16

〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕◇ 「チェルノブイリ」原発事故による、ウクライナ人の内部被曝要因のトップは「ミルク(45%)」――。2番目は「キノコとベリー(30%)、次が「ミート(肉 8%)) / ◎ パンダジェフスキー博士が「チェルノブイリ:第2世代への展望 2015」報告で警告 ★ ミルクが内部被曝の半分近くを占めている。日本の学校給食の牛乳は大丈夫か?

Screenshot3959〔★は大沼〕 ◎ パンダジェフスキー博士:

「チェルノブイリ:第2世代への展望 2015」報告


 ⇒ 
http://chernobyl-today.org/images/stories/chernobyl-prospect-of-the-second-generation-ENG.pdf

Screenshot3960

Posted by 大沼安史 at 01:12 午後 |