« 〔フクイチ・スーパー核惨事 被曝地放射線量「下方」改竄疑惑 「安全」な高レベル被曝地への帰還強制は許されない〕《元東電、「桑ちゃん」のツイッター報告》◎「大熊町(を)見れば分るように原子力規制庁測定と福島県の降下物測定では2倍以上異なる」★ 全帰還地のプルトニウム、ストロンチウムなどを含む汚染状況を、独立した第三者帰還に調査させるのでなければ、「ご安心できる低線量です」などと言われても信用できない! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 太平洋放射能汚染〕◆ 「3・11」の2年後、2013年4~7月、北米西海岸(カリフォルニア州サンディエゴ沖)を、フクイチ発の海洋プルームが直撃 / 「ヨウ素129(半減期1570万年)」濃度、「フクイチ沖40キロ」の「3・11」直後検出値の2倍以上 ◎ サンディエゴ沖の通常値の100倍にも達する! ★ フクイチ沖の日本側の測定値に誤り(でなければ改竄)があったようだ! ルーマニア国立研の解析で、「フクイチ/死の灰海洋プルーム」のインパクトの強烈さが浮き彫りに!  »

2017-01-26

〔フクイチ・スーパー核惨事 被曝地放射線量「封印」疑惑 「安全」な高レベル被曝地への帰還強制は許されない〕《元東電、「桑ちゃん」のツイッター報告》◎ 福島県の放射性物質降下物、昨年7月〔8月1日分まで〕分で公表が止まっている。浪江町など居住線源区域を解除して住民を戻してから、公表するつもりなのか? 「この政府や原子力村の考えることは何処までもあくどい。腐った政府官僚と福島県行政」 

★ 帰還強制後、猛烈な汚染の実態が暴露されれば、安倍政権、内堀福島県政は一発で終わる!

〔★は大沼〕 ◎ 「桑ちゃん」ツイッター ⇒ https://twitter.com/namiekuwabara/status/824346025359876096

Screenshot4087

Screenshot4088

Posted by 大沼安史 at 04:26 午後 |