« 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目の初めに〕◇ 米国の地球物理学者、ローレン・モレット女史が明言! 「地球物理学兵器、『ハープ』の、テスラ・テクノロジー(the HAARP Tesla technology )を使えば、大気・海洋・陸地を汚染した(フクイチ)放射能被曝を逆転(reverse)することができる」 ★ わたしは女史のこの「言明」の科学的な根拠を知らない! しかし、昨年末、モレット女史について一通り、わたしなりに調べ上げた(読み取った)結果、信頼できる人であるとの結論に至り、この言明を、掲げる! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 また再びの新年〕◇ 東芝・ウェスチングハウスが中国・三門原発(上海の南)で建設中の「最新鋭」原発、「AP1000」1号機、「呪われて遅延(bedeviled by delays)」/ 「冷却装置の心臓部( critical component in its cooling system)」に問題が出て、それだけで作業工程に2年以上の遅れ 全体として、少なくとも3年の工程遅延!―― ウォールストリート・ジャーナルが現地発で、全世界の告知報道  »

2017-01-01

〔フクイチ・スーパー核惨事 また再びの新年〕◇ ニューヨーク・タイムズが小泉純一郎・元首相の、「反原発」の立場を明確化し、「トモダチ作戦」で被曝した米水兵らを支援する闘いを、元日付け紙面で報道! / 「反原発」への態度豹変は、自民党のかつての部下の安倍晋三首相に対し、挑戦するものだ!/ 小泉元首相の「ライオン・ヘア」は白髪化した。被曝した米水兵と会って彼は、被曝と健康悪化の関係について確信を深めた! ★ そういえば安倍は真珠湾で、「トモダチ作戦」被曝水兵について一言もなかった!

Screenshot3728

………………………………………………………………………………………

 “I want to work hard toward my goal that there will be zero nuclear power generation.”
 {わたしは原子力をゼロにする、わたしの目標に向かって、一生懸命、活動する」

          *

 
〔★は大沼〕  ◎ NYT電子版 : A Maverick Former Japanese Prime Minister Goes Antinuclear (一匹オオカミの元日本の首相、反原発に) (米国東部時間、31日付け。紙面では1日付け): A version of this article appears in print on January 1, 2017, on Page A8 of the New York edition with the headline: Ex-Leader of Japan Turns Nuclear Foe.
 ⇒ http://www.nytimes.com/2016/12/31/world/asia/a-maverick-former-japanese-prime-minister-goes-antinuclear.html

 ・ The reversal means going up against his old colleagues in the governing Liberal Democratic Party as well as Prime Minister Shinzo Abe, who are pushing to get Japan, once dependent for about a third of its energy on nuclear plants, back into the nuclear power business.

 ・ Mr. Koizumi, whose signature leonine hairstyle has gone white since his retirement, said that after meeting the sailors in San Diego, he had become convinced of a connection between their health problems and the radiation exposure.

 ・ Aimee L. Tsujimoto, a Japanese-American freelance journalist, and her husband, Brian Victoria, an American Buddhist priest now living in Kyoto, introduced Mr. Koizumi to the plaintiffs. Petty Officer Zeller, who said he took painkillers and had tried acupuncture and lymph node massages to treat his conditions, said the meeting with Mr. Koizumi was the first time that someone in power had listened to him.

“This is a man where I saw emotion in his face that I have not seen from my own doctors or staff that I work with, or from my own personal government,” said Petty Officer Zeller, who works at the Naval Medical Center in San Diego. “Nobody has put the amount of attention that I saw in his eyes listening to each word, not just from me, but from the other sailors who have gone through such severe things healthwise.”

………………………………………………………………………………………

 ★ トランプ氏は、このニューヨーク・タイムズの報道を、同紙の元旦紙面で読んだ(か、少なくとも側近は読み、トランプ氏に告げた)はずだ!

 ポピュリストのトランプ氏は、「真珠湾和解」のオバマと差別化を図る意味でも、「トモダチ作戦・水兵・洋上被曝」問題を、日米関係の当面の柱(のひとつ)に据えてくる可能性はある。

 ニューヨーク・タイムズが政権交代のなか、元旦紙面で、この問題を焦点を当てたのは、たんなる偶然ではなかろう!(ニューヨーク本社デスクの指示があったはずだ!)

 オバマ政権ではヒラリーが国務長官時代に「フクイチ核惨事」が発生、どうやら「ヒラリー」の主導で、事態の矮小化が図られた。

 トランプ氏は、この幕引きを白紙に戻し、日本に対し、強硬姿勢をとることもありうる。

 安部首相はゴルフのドライバーを贈ったことぐらいで、トランプを買収できたと思ったら、大間違いだ。

          *

 ★ こういう状況になると、東電は「トモダチ作戦・洋上被曝」集団訴訟で、巨額な賠償金の支払いを強いられることになるだろう。

 それはもちろん、日本の現実へと跳ね返り、「福島のこども甲状腺がん、被爆が原因とは考えられない」などと涼しい顔で言っていた「専門家」への風当たりを強め、被曝被害への賠償要求を、当然の水準へ――米国の被曝水兵並みの水準に、高めることになるだろう。

          *

 ★ その意味で、このまま賠償金を踏み倒す作戦でいた安部政権にとって、「影の政府」権力の手先候補だったヒラリーの敗北は、手痛い誤算だったはずだ!

 原子力ムラの御用政権=安部政権の凋落を予言するような、ニューヨーク・タイムズの元日報道だった――と言える。

 

 

Posted by 大沼安史 at 05:39 午後 |