« 〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 「秘密電子ハラスメント」をやめさせてください (End Covert Electronic Harassment)―― ◎ 米国の社会運動サイト、≪MoveON.org≫ が、ランド・ポール上院議員に向けたオンライン署名運動を開始! ★ 日本でも、闇社会や宗教カルトなどによる「電磁波拷問」が、社会問題化している。国会は調査に動き出すべきだ。 | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕◇ 早野龍五・東大教授 : ≪ 科学者がいま、福島の若い世代に伝えたいこと 「福島に生まれたことを後悔する必要はどこにもない」≫ / (そして――高校生の「フクイチ見学」):「……大事なのは、ドアを叩き続けることでした。ドアは叩き続ければいつかは開く、ということを示したかった」「ドアはもう開いたんです」★「フクイチへの高校生見学のドア」は開いたそうだが、「フクイチ」はまだ「チェルノブイリ」のように「2重・気密・石棺化」されず、「青天井」で「開いた」ままだ! »

2017-01-10

〔ハイテク犯罪を許さない〕 ◇ 「電子・精神電子・情報兵器(electronic, psychotronic and information weaponry)」「高空極低周波兵器(high altitude ultra low frequency weapons)」などの宇宙配備を禁止せよ! ―― ◎ 米オハイオ州選出の連邦下院、デニス・クシニッチ議員は2001年に「宇宙空間保護法」の議員立法を企てた! 残念ながら、挫折!

Screenshot3847
 ★ アメリカにはしかし、闘う政治家がいる!(写真はウィキより ⇒ こちら )

 ★ 日本でも「国民監視衛星」を使った「電磁波照射問題」が指摘されている。国会議員は議員立法で立ち向かってほしい!

          *

 ★ 民主党のリベラル派、クシニッチ下院議員は、このとき、併せて「ケムトレル」の禁止も訴えたが、「軍産諜報複合体」を主体とした「影の政府」権力の壁を崩せなかった!

 「ヒラリー落選」で「影の政府」権力に逆風が吹き始めた、新たな政治情勢下、こんごの新展開が見物だ。
 
 

 
 ・ A glimpse into new death technologies under construction is in legislation introduced by Ohio Congressman Dennis Kucinch.

 His unsuccessful Space Preservation Act of 2001 was intended to ban space deployment of: 

  * electronic, psychotronic and information weaponry

  * high altitude ultra low frequency weapons

  * plasma, electromagnetic, sonic and ultrasonic weapons   

 * laser weapons 

 * strategic, theater, tactical or extraterrestrial weapons 

 * chemical biological, environmental climate or tectonic weapons   

 * chemtrails (this item was stricken from a later version, suggesting duress) 

          ◇

〔★は大沼〕 ◎ グローバル・リサーチ研(カナダ): Chemtrails: Aerosol and Electromagnetic Weapons in the Age of Nuclear War
 (2015年7月29日付け)⇒ 
http://www.globalresearch.ca/chemtrails-aerosol-and-electromagnetic-weapons-in-the-age-of-nuclear-war-3/5465346

Posted by 大沼安史 at 07:03 午後 4.電磁波被曝問題 |