« 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕◇ 女性のパンツを盗みに入って捕まった復興大臣がいたが、「フクイチ」1号機はいま、パンツ・ダウン(pants down)のお手上げ・ムクムク煙立つ「ノーパン」状態! 「アンダーコントロール」でケムに巻く安倍首相は、「安全」と言うなら、前復興大臣ともども、「ノーマスク」(パンツマスクは可)で現場に入り、消火活動に取り組んでほしい! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕◇ 「フクイチの新年」はトラブル続きの幕開けだった! 1月第2週(8~14日) 「新設、4号機淡水化装置で汚染水漏れ」「使用済み核燃料保管装置(乾式キャスク)が警報」「ALPS汚染水漏れ」「4号機核燃料プールで汚染水漏れ」「汚染水移送ポンプににじみ」 ★ 自然劣化・被曝劣化が進行している! 小さな故障・損壊の続発は、重大事故の警報である! »

2017-01-15

〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目 年のはじめに〕《Behind the Days》 ◇「トリチウムβ線の人体影響に関しては,リスク算定に利用可能な実験データがほとんどないのが現状である」との日本の専門家チームの研究報告が2012年に出ているのに………… 「トリチウムの線量係数はものすごく小さいから安全です」と(の説明に)納得できる人がいるとしたら、その人は“神”であり“予言者”であろう」 / 「東京電力が使っている線量係数はどうやって決めたんだ?」 

★ フクイチ・トリチウム汚染水を大放出して、国民を「納得させる人」がいるとしたら、その人は“悪魔”であろう。

          *

Screenshot3931〔★は大沼〕 ◎ 《Behind the Days》ブログ : トリチウムの線量係数を桁違いに小さくしたのは誰か? トリチウムの生体影響評価に関する資料収集
(2015年5月30日付け)⇒ 
http://behind-the-days.at.webry.info/201505/article_10.html

Posted by 大沼安史 at 11:19 午前 |