« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 「カジノ法案」に反対もしない一方、内戦の南スーダンには自衛隊員を送りこみ、安倍政権を支える「創価学会」って、ほんとに「イケてる」ね! 本日の「聖教新聞」1面―― なんと、「21世紀の大陸 アフリカで第1回 統一教学実力試験 池田先生が求道の友にメッセージ贈る 希望の大哲学を社会へ」   | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬 アベ政治による亡国の師走に〕◎ 東京新聞が、(★ フランシス・ローマ法王の「御用糞食い報道をするな」呼びかけにこたえるかのように)、1面で、安倍政権による「TPP国会決議 違反『明白』」――と大報道! »

2016-12-10

〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 世界で最も新しい国(南スーダン)での戦争が拡大している(The war in the world’s newest state is expanding)」―― 英エコノミスト誌が告知報道 ★ 12日から、青森隊主力の自衛隊部隊、「駆け付け警護」の任務開始 / 折しも南スーダンは、「乾季」に突入 半年間にわたって内戦激化の見通し  

Screenshot3288

 ★ 「戦争」――そう、南スーダンでは戦争が起きているのだ!

 そんな戦場へ、安倍政権は、情け容赦もなく、自衛隊員を送り込んだのだ!

………………………………………………………………………………………

 ★ 岸田外相は7日、キール大統領に電話で「停戦合意の履行」を申し入れたそうだ。

 ということはつまり、今回の青森隊の派遣はPKO派遣原則(武力紛争なし)に違反していることを、安倍政権として自ら認めたことになる!

          *

 ★ 自衛隊部隊は南スーダンのどこに展開するのか?

 国連との協議で、すでに決まっているはずだ!

 日本のマスコミは、すぐに調査報道を!

          *

〔★は大沼〕 ◎ 英エコノミスト : The chaos in South Sudan keeps getting worse(南スーダンの混乱、さらに悪化)
 (10日付け)⇒ 
http://www.economist.com/news/middle-east-and-africa/21711527-war-worlds-newest-state-expanding-chaos-south-sudan-keeps

          *

 ◎ 米NPRラジオ : Fears Of Genocide In The World's Newest Nation (世界で最も新しい国でジェノサイドの恐怖)
 (10日付け)⇒ 
http://wvtf.org/post/fears-genocide-worlds-newest-nation#stream/0

 ・ Associated Press reporter Justin Lynch who was kicked out of South Sudan this week says the humanitarian crisis there is comparable to Syria, and the fighting season is only just beginning.

 JUSTIN LYNCH: We are actually in the beginning of the dry season in South Sudan, and, you know, who follows South Sudan know that the dry season is when the fighting begins. And, unfortunately, we're seeing all of the elements that this fighting is going to continue and intensify.

          *

 ◎ 関連 毎日新聞 : 駆け付け警護 研究者101人「新任務は違憲」 撤収要求
 (9日付け)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20161210/k00/00m/040/063000c

          *

 ◎ 同 : 南スーダンPKO 駆け付けけ警護 隊員、頭部カメラで記録 可視化し正当性「証明」
 (10日付け)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20161210/ddm/041/010/099000c

 

Screenshot3289

 

………………………………………………………………………………………

◎ 同 : 和平合意の履行、岸田外相が要求
 (8日付け)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20161208/ddm/005/010/139000c

 ・ 岸田文雄外相は7日、南スーダンのキール大統領と電話で協議し、同国内の武力衝突を回避するため、和平合意の着実な履行を求めた。南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の施設部隊は、12日以降、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」などの新任務が可能となる。

Posted by 大沼安史 at 03:21 午後 |