« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 11・22の福島沖地震後に、フクニ(福島第2原発)チ構内に、複数の「水たまり(the puddles )」! / 東電が「運転停止中の4つの号機のうち、3つの核燃プールの冷却水が、スロッシングであふれ出たせいかもしれない」との見解示す。★ 地震で核燃冷却水スロッシンが起きていた可能性! 同じことがなぜ「フクイチ」で起きなかったのか? 核燃プールに冷却水が、ない?!  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬〕◇ 2011年から16年末までの5年間に、全国14の港湾で、輸出されようとした「中古車や建設重機」、計約1万3千台が、放射能汚染がひどく、輸出差し止め / 「「フクイチ」前には検出事例なし! ★ 輸出車はもともと、全国を走り回っていたものだ! そのまま走り続けている車は、ものすごい数に上るだろう。輸出できなかった汚染車が、国内の中古市場に流れている恐れも! 被曝車が走り回る、死の灰汚染列島! »

2016-12-19

〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ ニューズウイーク・ジャパン / <民族間の対立激化で全国的な戦乱拡大は必至。PKO増派も武器禁輸もやるだけ無駄なのか> / ◆ 安倍政権がなんと、国連「武器禁輸決議案」に「反対」を表明! ◇ 理由は――「日本は南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に数百人を派遣しており、南スーダン政府の不興を買いたくないと考えている」! 

Screenshot3463

………………………………………………………………………………………

 ★ 国連での「武器禁輸決議」こそ、内戦エスカレートをすこしでも抑止する最後の切り札と考えられているのに、どうして安倍政権は「反対」しているのだろう?

 まさか、南スーダン政府側への「日の丸兵器」の武器輸出を考えている(すでにしている)わけではあるまいな!

          * 

〔★は大沼〕  ◎ ニューズウイーク・ジャパン(日本語) : 南スーダンは大量虐殺前夜
 (13日付け)⇒ http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/12/post-6525.php

 ・ アメリカのオバマ政権の対応は迷走している。ジュネーブの国連人権理事会に派遣されているキース・ハーパー大使は先月末、「南スーダン政府は、(首都ジュバのある)中央エクアトリア州で一般市民を虐殺しているほか、向こう数日または数週間で、大規模な攻撃を計画しているという信頼に足る情報がある」として、国際社会の行動を訴えた。

 ところがニューヨークでは、サマンサ・パワー米国連大使が、武器禁輸決議案の提出棚上げを余儀なくされた。採択に必要な9カ国の同意を得られそうにないことが分かったためだ。

 しかも反対に回りそうなのは中国やロシア、ベネズエラなど伝統的に反米の理事国だけではない。日本などアメリカに近い同盟国も反対を表明している。日本は南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に数百人を派遣しており、南スーダン政府の不興を買いたくないと考えている。

Posted by 大沼安史 at 07:20 午後 |