« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕◇ 原発「核のごみ」 南鳥島の地下5000メートルの地下への「地層処分」を「研究」 ―― 国の「海洋研究開発機構」 ★ NHKが例によって無批判に「垂れ流し・台本営報道」! ―― 海抜最大9m、地球温暖化で水没の恐れ プラス、プレート運動で西北西法で年に90センチ近く移動 昨年5月30日には、至近で「小笠原超深発地震(M7.9)=「太平洋スラブの下部マントルへ突き抜け開始を告げる号砲」 | トップページ | 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 安倍政権が国連での南スーダン武器禁輸決議(米国提案)に「棄権」し、現地への武器(兵器)流入が「保障」さえるた中、人道支援団体が「禁輸否決」に怒りを表明 / 南スーダン、「シリア」化の様相! »

2016-12-26

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕《東京新聞》 ◆ 鹿児島県庁(三反園訓知事)が「公平公正に選んだ」川内原発の安全性検証・専門家委員会(12人)の少なくとも2人の委員が「九電や原発メーカーの三菱重工業などから寄付金などを受け取っていた」! ★ うち1人は、なんと6500万円も! 三反園訓知事の正体、みたぞよ! 「テレ朝」のコメンテーターだった人らしいが、「川内再稼働やめて」の県民の願いに乗って知事に当選し、早速、手のひらを返してみせた! 度量も責任感もないのだから、すぐ辞めるべきだ!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 東京新聞 : 川内原発検証 2委員 関係企業から寄付 中立性疑義
 (23日付け)⇒ 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201612/CK2016122302000140.html

          *

 ◎ 関連 : 鹿児島県の三反園知事、反原発派に“ゼロ”回答 川内原発の専門委に反原発団体提案メンバー含まず
 (19日付け)⇒ 
http://news.livedoor.com/article/detail/12437430/

          *

 ★ 東京新聞の記事のポイント:

 ◆ 寄付などの受け取りが判明したのは宮町宏樹鹿児島大大学院教授(地震学・火山物理学)と守田幸路(こうじ)九州大大学院教授(原子炉熱流動・安全工学)の二人。いずれも原子力規制委員会の有識者会合のメンバーや臨時委員なども務めており、規制委に提出した自己申告書に記載していた。

 宮町氏は二〇一三~一六年度に九電と計六千万円の受託研究の契約を結んでいたほか、九電のグループ会社から一三~一五年度に計五百万円の寄付を受けていた。守田氏は一三~一五年度、三菱重工業から計三百万円の寄付金を受け取っていた。

Posted by 大沼安史 at 06:44 午後 |