« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬 ああ、この世界の片隅で〕 【ロイター動画】◇ アメリカ先住民族の勝利、パイプライン建設ルート変更 | トップページ | 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 南スーダン政府 (正規軍以外に)4000人の民兵兵士を展開 / 中央エクアトリア地域では、1900軒の民家、破壊される! ルアンダ規模の大虐殺に突き進む危機に ★ どこに「停戦状態」があるのだ。南スーダンも「アウト・オブ・コントロール」状態ではないか! »

2016-12-08

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬 ああ、この世界の片隅で〕★ (フクイチから248キロの)東京のツバメの巣からも放射性セシウム …… (同373キロの)静岡県の巣からも検出 ◎ 京大実験炉報告書収録論文で判明 ★ 土壌セシウム濃度と連関 / 福島県は全巣から検出 郡山市で最大値・90000ベクレル/キロ / 福島県に続くのは千葉県で、10000ベクレル超えの巣も!

 ★ ツバメの写真は「ウィキ」より。

Screenshot3248

Screenshot3247

………………………………………………………………………………………

 ★ この春、移転先の山形市内で、いつものカルト集団もかかわっているとみられる激しい照射攻撃を浴び、やむなく新潟経由で脱出したとき、県境を越えた道の駅で、ツバメたちの群れを、ようやく、初めて見た!

          *

 ★ 山形市では(少なくとも居住地域では)ツバメを見ることはなかった。

          *

 ★ そして―― 東京のツバメの巣も、死の灰に(当然のことながら)汚染されていた!

 ごめんなさいと言うしかない!

 おそらく、東京に飛来してきたツバメたち一族の歴史のなかで、初めての東京セシウム営巣被曝!

          *

 ★ 山形にいたころ、斎藤茂吉さんが暮らした、最上川近くの「家」を訪ねた。

 茂吉さんの歌に、こういうのがある。

          *

 〈この国の空を飛ぶとき悲しめよ南へむかふ雨夜かりがね〉

          *

 ★ 日本列島への冬の渡り鳥たちもフクイチ被曝を強いられている。

 来春、飛んできてくれるはずのツバメたちのためにも、「即脱原発」に向かうべきだ。

          *

 

〔★は大沼〕 ◎ 京大原子炉実験所 今中哲二さん・福本学さん編集 : 『「福島原発事故による周辺生物の影響に関する専門研究会」報告書』所収 「福島第一原子力発電所事故によるツバメの巣のセシウム汚染状況」より
 (PDF文書、67頁~ )⇒ 
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/PUB/report/04_kr/img/ekr004.pdf

Screenshot3249

Posted by 大沼安史 at 10:02 午前 |