« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 1952年12月に起きた、カナダの「チョーク・リバー原子炉事故」で、のちの米大統領、ジミー・カーター(米海軍技術将校)氏らは隣接地に、「実物大の原子炉レプリカ(exact replica of the reactor)」を建設、除染対策を練り、わずか2年間で復旧させた。⇔ 日本では5年8ヵ月も経ってようやく、フクイチの2号機(だけ)を「一部再現」した「模擬炉」を完成!  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕★「うち約3兆円を福島事故以前に事故に備えて積み立てておくべきだった“過去分”として」…… 「政府自民党の幅広い責任者に」賠償を求める―― ではなくて、なんと「幅広い消費者に」負担を求める! / アベの経産省の「フクイチ」核惨事、究極の無責任・つけ回しレトリック、恥ずかしげもなく全開!  »

2016-12-04

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◆ 東京新聞が調査報道 / 東京湾に注ぐ(印旛沼からの)花見川の河口部堆積物 キロ452~789ベクレル ★ 原発コンクリ・金属の再利用基準(キロ100ベクレル)の4・5倍から7・9倍ものセシウム汚染を確認! / 隅田川河口も200ベクレル弱 3回目の調査 5年半たっても濃度あまり低下せず! ★ 「江戸前」、死の灰まみれ!

Screenshot3229

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ ストロンチウムやプルトニウムも調べてほしい!

          *

 

 ◆ 荒川河口   120~282ベクレル

   旧江戸川河口 200ベクレルほど
   
   多摩川河口  100ベクレル強

〔★は大沼〕 ◎ 東京新聞 : 川が新たなセシウム運ぶ 東京湾河口部汚染 本紙3回目調査
 (2日付け)⇒ 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016120290065925.html

Screenshot3228

Posted by 大沼安史 at 11:26 午前 |