« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕◇ 福島「県民健康調査」検討委 27日に開催 「小児甲状腺がん 疑い含め183人〜2巡目で68人」/ 岡山大の津田敏秀教授が「2巡目の検診結果は、相馬地区を除き、すでに桁違いの多発を示している。統計的有意差が十分にある」と指摘し、甲状腺がん多発原因の議論を避けている検討委を「疫学理論を知っているかどうかよりも、論理的思考能力があるのかどうか、医学的根拠に基づいて議論することができるのかどうかという、資質を問われる事態になった」と批判! | トップページ | 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 「内戦」の一方の当事者、「南スーダン政府」スポークスマンが、日本、中国、ロシアなどの棄権による、国連の米国提案、武器禁輸・制裁決議の不採択を称賛! 「武器禁輸はこの国の防衛を弱体化する」 / 南スーダンでの残虐行為の報道そのものを否定 »

2016-12-29

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わり〕◇ 安倍首相が真珠湾で「戦後レジーム」を全肯定する演説! 「戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不動の方針を、これからも貫いていく」 ★ なぜ、安倍首相は、レームダックのオバマに、そこまで追い詰められたか? それが問題だ! ニューヨーク・タイムズの風刺画は、それでも棺から這い出そうとする、死神の魔手が描かれている。「死神」は「日本の戦時体制」というより、北米を襲い続ける「フクイチの放射能プルーム」ではないか?

Screenshot3638

Screenshot3639

………………………………………………………………………………………

Screenshot3632 ★ 安倍首相は真珠湾で、どうして、こんな、しょげた顔をしなければならなかったのか?

 もしかしたら…………安倍首相はオバマに、「フクイチ」をなんとかしろ、と恫喝されたのではないだろうか? 

 これ以上、「死の灰プルーム」を北米大陸へ飛ばし続けるな? 

 東京オリンピックをボイコットするぞ!

          *

 ★ どうして、そんな気がするか?

 それは、オバマ演説に、こういうくだりがあるからだ!

  Our alliance has never been stronger.

  In good times and in bad, we are there for each other.

 オバマは、「われわれの同盟がこれほどまで強まったことはない」と言ったあと、「いい時も、そして悪い時も、われわれはお互いのためにいる」と述べたのだ。

 わたしはその「in bad」に注目せざるを得ない。

 ふつうなら、「or not」のはずだが、オバマは敢えて「バッド(悪い)」と付け加えたのだ!

 それでは、オバマにとって、何が、「アベノJAPAN」の「悪い」ところ、なのか?

 演説でオバマは、slowing the spread of nuclear weapons(核兵器の拡散にブレーキをかけること)を呼びかけ、日米の科学者が「気象変動と闘っている」ことを指摘し、下手すると「パリ合意」からさえも後退しかねない安倍政権に釘を刺したが、安倍首相に「戦後レジーム」の全肯定(再肯定)を言わせたものは、そんなものではなかったろう。

 それは何か?

 この疑問を解くヒントをオバマの演説のなかに探せば、次のようなくだりにぶつかる。

 オバマは真珠湾演説になかに、実は、こんな一文を潜ませていたのである。

 Recall five years ago, when a wall of water bored down on Japan and reactors in Fukushima melted.

 5年前を思い出そう。津波の壁が日本に襲いかかり、フクシマの原子炉がメルト(溶融した)あのときを!

 オバマは「フクイチ・メルトダウン」にしっかり言及していたのだ。

 これに対して、安倍首相は真珠湾で何を言ったか(言わなかったか)?

 安倍首相は「トモダチ作戦」のことも、「フクシマ」のことも一切、語らなかったのだ。

 オバマの言及と安倍の沈黙――。

 ここにも、「フクイチ」がアジア・太平洋における日米安全保障上の最大の脅威になっている真実の姿を見て取ることが(たぶん)できるだろう。

 あの「伊勢志摩サミット」で、東電は「1号機のカバー外し作業」を中断させられたが、安倍政権に作業停止を迫ったのは、オバマ(政権)だったかも知れない。

 米国は衛星その他で「フクイチ」の監視を続けているはずだが、オバマ政権は「戦争ごっこ」にうつつを抜かし、「フクイチ、野となれ・山となれ」政策を続ける安倍政権に業を煮やし、懲罰の意味をも込めて、真珠湾に呼び付けたのではないか?

 オバマ政権はたぶん、最後の最後で、「戦後レジーム」を逸脱せず、太平洋を死の海にしないために、やることはキチンとやれ、と安倍政権に最後通牒を出した。

 そういうことではないか?

          *  

 ★ 日本ではほとんど知られていないが、ハワイはフクイチ放射能プルームの直撃を受けた地域である(⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/post-4eb2.html

800pxfukushima_panache21mars_svg
 ハワイの人びとの尿からは、なんとウラニウムさえ検出されている(⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/12/post-7cf4.html

 ハワイが「フクイチ放射能」に汚染されたことを、ハワイ出身のオバマが知らないわけがない。

          *

 ★ 安倍政権はこんご嫌でも、フクイチ石棺化・気密ドームによる密封対策に取り組まざるを得ないのではないか?

 それが、わたしの真珠湾イベントを見ての、希望的観測である。

          *

 ◎ 毎日新聞 真珠湾慰霊 安倍首相の演説全文
 ⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20161228/k00/00e/010/165000c
 
  ◎ ニューヨーク・タイムズ 安倍首相演説 英文
 ⇒ 
http://www.nytimes.com/2016/12/27/world/asia/shinzo-abe-text-pearl-harbor.html?mabReward=CTM&recp=0&action=click&pgtype=Homepage&region=CColumn&module=Recommendation&src=rechp&WT.nav=RecEngine

 ◎ 同 風刺画 ⇒ http://www.nytimes.com/2016/12/25/opinion/heng-on-the-prime-minister-of-japan-visiting-pearl-harbor.html?ribbon-ad-idx=2&src=recg&mabReward=CTM&recp=1&module=Ribbon&version=origin&region=Header&action=click&contentCollection=Recommended&pgtype=article

 ◎ 毎日新聞 オバマ真珠湾演説全文(英語) ⇒ http://mainichi.jp/english/articles/20161228/p2a/00m/0na/005000c

Posted by 大沼安史 at 01:33 午前 |