« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 常磐線の開通に、鉄道員の労働組合がプロテスト / 「乗員・乗客、被曝の恐れ」 / 相馬ー浜吉田間が開通した10日、動労水戸などが仙台のJR支社に抗議デモ ―― 東京在住のジャーナリスト、ウイリアム・アンドリューさんのレポートが米有力誌『カウンターパンチ』を通じ、世界拡散開始!  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ フクイチ1・3号機の爆発に遭遇 甲状腺癌に / 東電の40代運転員(社員)を労災認定 / 甲状腺癌では初認定 ☆ 「原発事故での被ばくとがん発症との間に関連があることを認めた」 ★ 被曝労災認定は当然のことだ。しかし、福島県のこどもたちの甲状腺癌については、いまだに「被曝と無関係」とシラを切っている。人でなしの仕打ちではないか! »

2016-12-17

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ (2年前の古い「ニュース」ですが……) ◆ ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功 ★ 軍事・諜報レベルの技術進化は、驚くべき……いや恐るべきレベルに達している! 旭川市在住の水上英次さんや、米テキサス州の医師、ジョン・ホールさんが、被害者として警鐘を鳴らしている、国民監視衛星を使った「電磁波拷問」もそのひとつだ。また、日本でも「脳内送信」で自殺に誘導される被害者が後を絶たない。

Screenshot3411

………………………………………………………………………………………

 ★ 米国ではマイケル・ジャクソン一家やカントリーウエスタンの歌手らが電磁波を使ったマインドコントロール被害に遭っていたのでは、との指摘も出ている。

          *

〔★は大沼〕 ◎ GIGAZINE : ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功 / 「測定した脳波をインターネットで送信し、別の人物の脳へと電気信号を送り込むことで情報を伝達するという試みが成功を収めた」 
 (2014年8月28日付け)⇒ http://gigazine.net/news/20140828-brainwave-transmission/

          *

 ◎ 関連 水上英次さんの告発ブログ 「電磁波による拷問と性犯罪」
  ⇒ http://denjiha.main.jp/higai/

          *

 ◎ 関連 2016-07-05 ◆ 人工衛星を使った電磁波拷問の被害者で、レジスタンス運動の先頭に立っている米国テキサス州の医師、ジョン・ホールさんが、全米ラジオで告発! 全米で数千人が被害に。脳内音声送信など、照射実験は電磁波による「全国民管理」が最終目標の可能性。★ 日本では、どうなのか?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/07/post-1ee9.html

          *

 ◎ 国内被害の実態については NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」★ 脳内送信によって、10人が自殺へと誘導されている!
 ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

 

Posted by 大沼安史 at 12:03 午後 4.電磁波被曝問題 |