« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕◇ 大晦日(31日)午前5時8分、福島県沖の震源(深さ約20キロ)とするM5.6の地震が発生 「フクイチ」(そしてフクニも)も震度4の揺れ! ★ 揺れっぱなしだ。放射線による劣化、風化、自然劣化……そして、地震波の連続直撃! ――「フクイチ」は、せめて「耐震補強」を施すべきではないか? | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕◇ 「ヨウ素131」の空中濃度、なんと最大で「250Bq/m3」近くにも! 「セシウム137」も「50Bq/m3」を突破!/ 米NRC(原子力規制委)の空中線量・許容リミットは、3.7Bq/m3 ―― 2011年3月15日に首都・東京を襲った「フクイチ放射能プルーム」は実に濃厚なものだった! ウィーンでのCTBTO(包括的核実験禁止条約機関準備委)の国際会議(2013年6月17~21日)で、ロシア研究チームがポスター報告  »

2016-12-31

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕◇ 2014年夏、(2つある)日本のメジャー・エアライン(航空会社)のうち、ひとつ(日航? 全日空?)が、(フクイチ)中性子線「ウィグナー効果」による機体の金属部品劣化で、一時的に運航を停止! / メンテナスできず / パイロットも機内被曝で不足 ―― 「フクイチ・ハルマゲドン核災害」の7年前、「ジャパン・タイムズ」で、原発惨事の発生の恐れを警告していた、米国の科学者、ローレン・モレット女史が明らかに! ★ 「羽田記者会」は確認を!

Screenshot3707

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot3705_2★ 地(球科)学者のモレット女史によると、航空機クルー、とりわけパイロットの「フクイチ放射能」被曝は深刻化しており、癌などの被曝症状が報告されているという。

 米国では航空会社の再建しようとした事業家が、航空の放射能汚染の深刻さを知って、断念せざるを得なかったそうだ

          *

〔★は大沼〕 ◎ Radiation Alert: Flying is hazardous to your health
 (2014年12月9日付け)⇒ https://newsinsideout.com/2014/12/part-leuren-moret-fukushima-radiation-haarp-nuclear-polar-vortexes-exceeds-2-3-times-limits-mandating-immediate-evacuation-usa/

  Radiation Alert: Flying is hazardous to your health

 Leuren Moret reported on massive increases in the upper atmospheric radiation column from levels 20 years ago. For example, radiation levels of 8 BQs/sec were reported in a commercial airline cabin in a flight across the continental United States, compared to 5 BQs requiring immediate evacuation of that airliner. Airline crews, notably pilots, who are continually exposed to these lethal levels of radiation, are reporting high levels of radiation illness, including premature death, heart disease, cancer and other illnesses. 

 Moreover, the “Wigner effect” in which radiation weakens metal joints, bolts and key airliner parts, has accelerated to the point where one of the two major Japanese airlines shut down in the summer of 2014 because of lack of airplane maintenance and lack of pilots. One U.S. entrepreneur reportedly abandoned plans to revive Eastern Airlines once he was briefed on the atmospheric radiation effects on crew mortality and on equipment, let alone passengers. “The airline industry is dead,” he was heard to say.

          *

 ◎ ウィグナー効果(ウィキ) ⇒ 
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%BC%E5%8A%B9%E6%9E%9C

          *

 ◎ 参考 / ローレン・モレットさん: ジャパン・タイムズ Japan’s deadly game of nuclear roulette(日本の致命的な原発(ロシア)・ルーレットゲーム)
 (2004年5月23日付け)⇒ Japan’s deadly game of nuclear roulette

 ・ However, many of those reactors have been negligently sited on active faults, particularly in the subduction zone along the Pacific coast, where major earthquakes of magnitude 7-8 or more on the Richter scale occur frequently. The periodicity of major earthquakes in Japan is less than 10 years. There is almost no geologic setting in the world more dangerous for nuclear power than Japan — the third-ranked country in the world for nuclear reactors.

Screenshot3706

Posted by 大沼安史 at 08:16 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/64698892

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕◇ 2014年夏、(2つある)日本のメジャー・エアライン(航空会社)のうち、ひとつ(日航? 全日空?)が、(フクイチ)中性子線「ウィグナー効果」による機体の金属部品劣化で、一時的に運航を停止! / メンテナスできず / パイロットも機内被曝で不足 ―― 「フクイチ・ハルマゲドン核災害」の7年前、「ジャパン・タイムズ」で、原発惨事の発生の恐れを警告していた、米国の科学者、ローレン・モレット女史が明らかに! ★ 「羽田記者会」は確認を!: