« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 「フクイチ」の放射能汚染水を浄化するとされる「多核種除去設備(ALPS)」のひとつで、「4ヵ所漏水」/10月にも別の「アルプス」でも漏洩を確認 ―― 修理方法を「来週、検討」(ということは、検討しなければ分からない「修理」をしなければならない、ということだ) ★ 放射線による経年劣化と連続・福島沖地震で、「アルプス」はもう、かなりガタガタになっているのではないか? 原子力規制委は東電にまかせていないで、現場で総点検し、国民に耐久性について報告すべきだ! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬〕◇ 「フクイチ放射能食品」問題、広がる ◆ 「MUJIシンガポール」が「あなご飯」を回収 / 栃木県産の食材、混入の疑い / シンガポールの購買者に謝罪し、食べないよう呼びかける声明を発表 / 「カニ飯」はすでに回収 ★ 台湾でも「納豆」「トマトストック」などのリコールが続いている。中国語で言う、フクイチ「核災食品」問題がシンガポールにも拡大! »

2016-12-18

〔フクイチ・スーパー核惨事 被曝列島 6年目の冬〕◇ 墜落した「オスプレイ」ヘリ翼にストロンチウム / 沖縄の海、放射能汚染の恐れ / 米海兵隊の他機種ヘリ「CH-53 シースタリオン」も2004年8月13日 沖縄国際大学に、2011年3月29日には、ハワイのカネオベベイに墜落してストロンチウムを放出 ★ 「ストロンチウム・ヘリ」は「オスプレイ」だけではない! 米海兵隊ヘリの重量物輸送用「シースタリオン」も! 沖縄の翁長知事は、すべての米軍「ストロンチウム・ヘリ」の島外退去を求めるべきだ!

Screenshot3430
★ 「シースタリオン」の写真は、ウィキより(⇒ こちら )

 「シースタリオン」は岩国基地にも配備されている!

Screenshot3434

Screenshot3433

………………………………………………………………………………………

 ★ 「シースタリオン」は沖縄・普天間基地ばかりか、岩口基地にも配備されている。
    ⇒ 
http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/usa/usmarine/ch-53d/ch53d.html

 安倍首相は地元のことでもあり、「シースタリオン」の国外退去を求めるべきだ。

          *

 ★ 佐賀空港に配備される予定の自衛隊「オスプレイ」のストロンチウムについて、防衛省の土本英樹大臣官房審議官は、佐賀県議会で、次のように明言した!

 ・ 確認したところ、(自衛隊に納入される)オスプレイと陸上自衛隊が現在保有する航空機にストロンチウムは使用されていない。
 (◎ 佐賀新聞 : 佐賀県議会空港特別委、オスプレイで集中審議 2016年9月30日付け)⇒ 
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/361275 ) 

 ―― 防衛省の参事官はそう「確言」しているが、「息を吐くように嘘をつく」といわれている安倍政権のこと、念のため、確認したほうがいい。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ツイッター報告(中田晋介さん) 
   ⇒ https://twitter.com/sinsuke_nakata/status/810266214266126336

          *

 ◎ 「シースタリオン」沖縄国際大学墜落・ストロンチウム放出事故 ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E3%83%98%E3%83%AA%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

   (関連)  ◇ 小出裕章さんの解説(ラジオ・フォーラム 2013年5月)
   ⇒ http://www.rafjp.org/koidejournal/no18/

 聞き手:
話は変わりますが、沖縄国際大学に米軍機が落ちた事件がありましたが、あの時、米軍は防護服着てきたんですよね?

小出さん
そうです。飛び込んできました。

 聞き手:
沖縄の人は普通の服で見てたのですが、なぜ、米軍は防護服を着たのですか?

小出さん:
ヘリコプターはプロペラのところにストロンチウム90という放射性物質を積んでいました。6枚のプロペラの羽根があったのですが、羽のひとつひとつにストロンチウム90というかなり毒性の高い放射性物質が積んであったのです。

 聞き手:
それは確か、骨に入ったら大変なことになるやつですね?

小出さん: そうです。それが壊れて、火災で蒸発してしまったりしているわけで、もちろん、米軍の方は放射性物質を積んでいるということを知っていたわけですから、当初から防護服を着てきましたし、放射能の測定器を持って現場に駆けつけてきました。

聞き手:
沖縄の人たちはそれを知らずに、野次馬のような形で抗議をしてましたよね?あの時、撮影も禁止だったんですよ。非常に機密だったんでしょうね?

小出さん:
現場はとにかく、日本という国のはずなのに、米軍が封鎖しました。その外側を沖縄県警の警察官が米軍を守るような形で取り囲んで、その周りを人々が、沖縄国際大学の関係者もいたわけですけども、現場に近づくことすらも出来ない、そういう状態でした。

          *

 ◎ ハワイNEWSナウ : State to test for radiation at Kaneohe Sandbar
 (2011年3月)⇒ http://www.hawaiinewsnow.com/story/15381401/state-to-test-for-radiation-at-kaneohe-sandbar

 ・ KANEOHE (HawaiiNewsNow) – A small amount of a radioactive isotope leaked into Kaneohe Bay(カネオヘベイ) when a CH 53D helicopter from Marine Corps Base Hawaii crashed onto the Sandbar March 29, 2011 killing a Marine and injuring three others. 

Posted by 大沼安史 at 10:08 午前 |