« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕★(東京新聞) 福島から横浜市に避難し、長期にわたって「暴言・暴力・金銭要求」の「いじめ地獄」に苦しみ続けた男子の家族もまた、「自宅に『放射能を持ち込むな』などと書かれた文書が投げこまれ、福島県ナンバーの自家用車には生卵をぶつけられたり、ごみを近くに置かれ」るなど、何者かに嫌がらせを受けていた! ★ 学校でも地域でも、福島からの避難者を「いじめ」まくる、この陰湿で執拗なやり方は、集団ストーカーたちの手口に似ている! | トップページ | 〔「影の政府」とトランプの暗闘が始まった〕◆ 「CIAがトランプ追い落としクーデターを計画」 / クーデター実行阻止のために、FBIの全エージェント35000人に待機命令 / FBIの14の特殊部隊、フロリダの空軍基地に集合、米軍特殊部隊と連携 ―― ◎ ロシア情報部(SVR)がクレムリンに報告! ★ ブッシュ・クリントン主導の「影の政府」の中軸、CIAが、ヒラリー敗北で危機意識を強め、反撃に出ようとしている!? »

2016-12-15

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◆ フクイチの津波対策の「防潮堤」は、なんと「石が入った袋を積み重ねた仮設仕様」/ しかも「4号機海側だけ」 / 「東日本大震災で発生した高さ15メートルクラスの津波が押し寄せれば対応できない恐れがあります」―― と毎日新聞が11・22福島沖地震・津波の翌日に警告報道! ★ 「4号機海側だけ」……ということは「3号機」の前、あるいは「集中廃棄物処理施設」の前の「仮設防潮堤」は、11・22の津波で流されてしまったわけ?

 ★ 写真は、東電発表資料より。

   「仮設防潮堤」は「4号機前」を除いて、どこかに消えてしまったようだ!

Screenshot3391

………………………………………………………………………………………

 ★ 2011年6月末に、応急対策として完成(?)した「仮設防潮堤」は「全長362メートル」で、「福島第一原発の南東にある集中廃棄物処理施設や3、4号機の辺りに造られた」
 (「こうした施設の前には防潮堤がなく、津波の対策が十分でなかった。金網製のかごや防水シートに包んだ石を高さ2.4~4.2メートル」) 以上 朝日新聞より ⇒ こちら

          *

 ★ ところが、津波のあった11月22日の翌日、23日の毎日新聞・朝刊の記事によると、防潮堤があるのは「4号機海側」部分だけ!

 ということは、「集中廃棄物処理施設」の前の、そして「3号機」の前の部分は、22日の津波で流されてしまった、ということか?

 あるいはそれ以前に、「石の入った袋」が劣化し、崩れ去った、流されたということか?

          *

 ★ もう「東京オリンピック」なんかやめて、1日も早く、「想定外の大津波」にも耐える本格的な鉄壁防波堤を建設せよ!

          *

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 : 質問なるほドリ 福島原発 安全対策は?
 (11月23日付け)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20161123/ddm/003/070/157000c

Posted by 大沼安史 at 08:17 午後 |