« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕《東京新聞》 ◆ 鹿児島県庁(三反園訓知事)が「公平公正に選んだ」川内原発の安全性検証・専門家委員会(12人)の少なくとも2人の委員が「九電や原発メーカーの三菱重工業などから寄付金などを受け取っていた」! ★ うち1人は、なんと6500万円も! 三反園訓知事の正体、みたぞよ! 「テレ朝」のコメンテーターだった人らしいが、「川内再稼働やめて」の県民の願いに乗って知事に当選し、早速、手のひらを返してみせた! 度量も責任感もないのだから、すぐ辞めるべきだ! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕☆ 新潟・長岡市の磯田達伸市長は22日の記者会見で、原子炉等規制法が原則40年と定めている原発の運転期間について、「40年と決められているものは40年でやればいい」と言明 ★ 「新潟日報」は、この言明について「期間延長に対して慎重な考えを示した」と、勝手な書き方(報じ方)をしている。「慎重」でなく、「拒否」の明言である! 「新潟日報」は、東電の広報紙に堕したのであろうか? »

2016-12-26

〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 安倍政権が国連での南スーダン武器禁輸決議(米国提案)に「棄権」し、現地への武器(兵器)流入が「保障」さえるた中、人道支援団体が「禁輸否決」に怒りを表明 / 南スーダン、「シリア」化の様相!

 ★ 安倍政権は「メード・イン・美しい国」の兵器(武器)の売り込みを図っているのだろうか? 

  武器・兵器のさらなる流入は内戦の激化・エスカレートにつながり、自衛隊員の危険も増すはずだ!

………………………………………………………………………………………

 ★ 安倍政権は「内戦」の一方の当事者、「南スーダン政府」に気兼ねして、棄権に回ったとされている。

 武器禁輸をすると、南スーダン政府ににらまれ、現地の自衛隊員が危うくなる、という「理屈」で!

          *

 ★ 安倍政権は武装PKO自衛隊派遣とセットで、南スーダン政府側から「日本製武器・兵器」購入の約束を取り付けているのではないか?

          *

 ★ Breitbart News Networkによると、その「南スーダン政府」に最も深くコミットしているのは、同国で石油開発をしている中国だ。

 そんな「中国」の利権を支えるために、自衛隊が送りこまれたわけではあるまい。

          *

〔★は大沼〕 ◎ Breitbart News Network : World View: South Sudan Increasingly Parallels Syria in Genocidal Violence
 (24日)⇒ 
http://www.breitbart.com/national-security/2016/12/24/24-dec-16-world-view-south-sudan-increasingly-parallels-syria-genocidal-violence/

 ・ Human Rights Watch is expressing outrage that the UNSC resolution failed to pass. According to HRW, both sides have been importing weapons and using them to fight the other side. HRW says that African Union and UN investigators have documented war crimes, including killings and rape of civilians, and forced recruitment of children by the warring parties in South Sudan. In the last few months there has been an increase in incitement to violence, hate speech by senior leaders, and targeting of civilians, sometimes based on ethnicity.

 ・ In South Sudan, possibly the biggest driver of the war is not ethnic differences but oil. South Sudan has a wealth of oil, and all the warring parties would like to control as much of that oil as they can. A particularly interesting example of this is China, which is heavily invested in South Sudan and is supporting Salva Kiir. Chinese officials scream bloody murder when anyone complains about their massacring of Tibetans, saying that no one has the right to interfere in their internal affairs, but China has no hesitation to interfere in other countries’ internal affairs when their own interests are a stake.

Posted by 大沼安史 at 07:20 午後 |