« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ (民の声新聞)◆ 福島県議会の自民県議幹部が「勝手に逃げた者が何を言うか……名刺を渡すのももったいない」/ 自主避難者に対し、「都住宅供給公社の担当者が、避難者に対し『都営住宅は避難者の住宅では無い。甘えるんじゃない。民間賃貸住宅でも借りれば良いんだ。退去しなければ告訴するぞ』などと暴力的な言辞! ★ 自主避難いじめは、こどもよりも、議員や当局者がほうが陰険で悪質だ! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 「廃炉」費用は、「8兆円」と新たに試算されたはずなのに……あらまあ、日本の「廃炉賠償機構」がAP通信に対し、フクイチ「廃炉」費用は「60億ドル=7000億円」で済むとの計算式コメントを発表! 8兆円と7000億円―― 10倍以上の差は何だ! »

2016-12-12

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 「フクイチ放射能・海洋プルーム」、米国本土(西海岸)への到着問題が全米の関心事になろうとしている! オレゴン州の地元紙に続き、こんどはニューヨークの新聞、『ニューヨーク・ポストも報道!』★ 安倍首相の真珠湾訪問も、米国内でこんご予想される「フクイチ反日感情」の高揚に備えたものかもしれない。

Screenshot3320

 ………………………………………………………………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ New York Post : Radiation from Fukushima disaster reaches the US
(9日付け)⇒ 
http://nypost.com/2016/12/09/radiation-from-fukushima-disaster-reaches-the-us/

  ・ Radiation from Japan’s 2011 Fukushima nuclear disaster has apparently traveled across the Pacific.

 Researchers reported that radioactive matter — in the form of an isotope known as cesium-134 — was collected in seawater samples from Tillamook Bay and Gold Beach in Oregon. The levels were extremely low, however, and don’t pose a threat to humans or the environment.

          *

 ◎ 関連 : 12-09〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬〕★ 「フクイチ・セシウム134」、米西海岸・オレゴン州沿岸で初検出 / 海洋放射能( seaborne radiation )が同州の「ティラムック湾」と「ゴールド・ビーチ」の2ヵ所で、ことし(2016年)1月と2月に / 昨年にはカナダの「オカナガン湖」のベニザケから、「フクイチ・セシウム134」を初検出! ★ フクイチ海洋プルームの西海岸直撃が本格化している!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/12/seaborne-radiat.html

Posted by 大沼安史 at 08:42 午後 |