« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕★ トリチウム汚染水の海洋投棄案に対して、「風評被害の専門家」は16日の経産省委員会で、「抵抗感がなくなってきたのに、また強める可能性がある。漁業は試験操業の段階で漁獲量が戻っていないのに、やめになりかねない。今はやるべきじゃない」と「慎重な意見を述べた」! ★ トリチウム分離技術がありながら、トリチウム汚染水を「薄めて放流」or/and「蒸発処分」したら、国際社会から「実害」賠償請求され、「東京オリンピック」どころではなくなるだろう! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕★  「希望の牧場」の吉沢正巳さんは言った。「おれは右翼より大声で叫ぶことができるんだ。……おれはカウボーイだ。カウテロリストだ。カミカゼだ!」 ―― ポーランドのフォト・ジャーナリスト、アルカディウス・(ARKADIUSZ PODNIESIŃSKI)さんは、こう吉沢さんを写真と文で紹介したあと、吉沢さんが出迎えようとした、この「美しい国」の「愛国者」であるらしい安倍首相のこの顔を――この1枚の歴史的記録写真を撮影し、現地レポートに掲載した! »

2016-12-20

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕★ アニメ映画『この世界の片隅に』、「クラウドファンディング」の勝利! 「片渕須直アニメ」ファンが「貧者(?)の一灯」で、3900万円を集める! / しかし、宣伝費に回せるお金はわずか……「ところが、11月に公開されると、徐々に多くの「評判」がSNS上に」 / そして「時間の経過とともに観客数が下がるのが映画興行の常識ですが、それを覆す一つの例になりつつある」★ この日本にもまだ、安倍政権のマインドコントロールに負けない、心と希望がある! 

Screenshot3469

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 : まつもとあつし さん(ジャーナリスト): 映画「この世界の片隅に」火付け役SNSの波及力
 (19日付け)⇒ http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161215/biz/00m/010/030000c

Posted by 大沼安史 at 08:42 午前 |