« 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 副大統領支持の反政府軍、リバー・ユェイ州で支配地域拡大 オトモ・パンヤンを手中に/ 政府軍兵士数十人を殺害 / 南部の中心都市、ユェイに包囲網 突入へ ★ 稲田大臣率いる防衛省はHPで、なぜか音なしの構え! 9日の防衛大臣会見で、なんと、「南スーダン」の「ス」の字もなし! | トップページ | 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 世界で最も新しい国(南スーダン)での戦争が拡大している(The war in the world’s newest state is expanding)」―― 英エコノミスト誌が告知報道 ★ 12日から、青森隊主力の自衛隊部隊、「駆け付け警護」の任務開始 / 折しも南スーダンは、「乾季」に突入 半年間にわたって内戦激化の見通し   »

2016-12-09

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 「カジノ法案」に反対もしない一方、内戦の南スーダンには自衛隊員を送りこみ、安倍政権を支える「創価学会」って、ほんとに「イケてる」ね! 本日の「聖教新聞」1面―― なんと、「21世紀の大陸 アフリカで第1回 統一教学実力試験 池田先生が求道の友にメッセージ贈る 希望の大哲学を社会へ」  

   〔★は大沼〕 ◎ ⇒ http://www.seikyoonline.com/viewer/?id=20161209

 ★ 写真は「聖教新聞」公開ページより

Screenshot3285

………………………………………………………………………………………

 ◎ 参考 / 創価学会本部のありえない行為 - 週刊金曜日編集部

 ⇒ http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/12384585/

  ・ パートナーと購読していた『聖教新聞』を経済的な理由で2部から1部に減部したいと申し出たところ、学会幹部Aは拒否。さらに木本さんはAからさまざまな問題発言を受けたため、対話を求めてきたが、学会から除名処分となった。

 ・ Aがかかわったとされる学会本部内の金銭横領疑惑について語った。真偽はさだかではないが、学会本部はこうした疑惑について公表すべきではないだろうか。

 

Screenshot3287

Posted by 大沼安史 at 07:30 午後 |