« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 「収賄額0円の収賄罪で“抹殺”された福島県元知事」、佐藤栄佐久さん(77)は言った。「たとえ千年かかっても2千年かかっても、元の福島に戻してもらいたい」 / そして鹿児島県と新潟県で“脱原発派知事”に「国や電力会社が何と言おうと、県民のための知事なのです。国策に振り回される必要はない……ただし、“原子力ムラ”はすごい力でかかってきますから、そのときこそ、精神力と知事としての真価は試されます。『国といつでもけんかするよ』という意気込みが必要です」と激励! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇ 11・22の福島沖地震後に、フクニ(福島第2原発)チ構内に、複数の「水たまり(the puddles )」! / 東電が「運転停止中の4つの号機のうち、3つの核燃プールの冷却水が、スロッシングであふれ出たせいかもしれない」との見解示す。★ 地震で核燃冷却水スロッシンが起きていた可能性! 同じことがなぜ「フクイチ」で起きなかったのか? 核燃プールに冷却水が、ない?!  »

2016-12-18

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕◇【OurPlanetTV】 福島県立医科大内に、甲状腺がんのアイソトープ治療(RI治療)を行える国内最大の入院病棟が完成! / 「ふくしま いのちと未来のメディカルセンター」がオープン! ★ 福島医大は、IAEAに「一方が秘密指定した情報の機密性については確証する」とのサルグツワ協定を結ばせられた! ファンファーレのなかのテープカット! 「フクイチ放射能被曝」とは無縁とされる、ピカピカの「フクシマ癌病棟」、落成! これは果たして喜ばしいことなのか! 

Screenshot3456

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 【OurPlanetTV】 : 甲状腺がん治療充実へ 〜 国内最大の治療施設完成・福島医大
(16日)⇒ 
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F2079

          *

◎ 関連 2014-01-09 福島県立医大のIAEAとの協定文が判明! 「一方が秘密指定した情報の機密性については確証する」★ 国際原子力ムラに屈服し、医の倫理を放棄してよいのだろうか? 地元の医大が、そういう姿勢で、いいのだろうか? 福島県立医大よ! 君たちが確証すべきは、地元の人々の、いのちのかけがえのなさである!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/01/post-a9ef.html

Posted by 大沼安史 at 10:16 午後 |