« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の冬に〕☆ 「悪意ある非国家グループ(vicious non-state groups)」が、原発をハッキングし、制御できない放射能の放出を狙っている」―― 国連のヤン・エリアソン副事務局長が15日、安保理で警告! ★ 原発は潜在的な核地雷だ! 国連副事務局長の発言は、冗談ではない! 安倍政権にはきちんと防御対策をとってほしい。 | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 年の終わりに〕★ 志葉玲さんがレポート : 原発大国フランスで発覚、原発緊急点検の異常事態になっている、最重要部品鋼材強度不足問題 ―― 「日本の原発でも、強度不足の部品が使われている可能性があるというのだが、原子力規制委員会は書面上のデータだけで『問題なし』としてしまっている。果たして、本当に問題はないのだろうか?」 ★ 日本は早々に幕引きを図ったが、世界的に総点検の動きが出ている! »

2016-12-20

〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 米国のサマンサ・パワー国連大使が、日本(安倍政権)を批判! 「自分たちのピースキーパー(自衛隊員)の安全を維持するためには、武器禁輸を支持しないのがいいと考えるのは、非常に問題ある論理(highly questionable logic)だ」 ★ パワー大使は結局、日本は頭がおかしいのではないか、と言っているわけだ。 安倍政権は南スーダンへの兵器流入による戦争の激化を望んでいるのだろうか? 

 ★ そして、日本製の武器・兵器を、ひそかに売り込んでいるのだろうか?

Screenshot3484

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHKワールド : US envoy criticizes Japan on S.Sudan sanctions  (パワー大使の発言は、開始40秒~)
 (20日付け)⇒ https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20161220_20/

 ・ The US ambassador to the United Nations has criticized Japan's reluctance to support a resolution that would ban arms shipments to South Sudan.

Samantha Power is leading discussions on the plan at the UN Security Council. It proposes an arms embargo on both government and opposition forces to help prevent mass killings between ethnic groups.

Japan says the UN should promote the political process to achieve peace rather than push for sanctions.

Posted by 大沼安史 at 10:16 午後 |