« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◆ 「だから、国際社会(the world community)は、フクシマ原子力惨事について、明確な理解を得ることも、その真実を知ることも、文字通り、不可能にさせられているのだ!」 ―― ロス在住のジャーナリスト、ロバート・ハンツカーさんが、日本のマスコミの責任放棄を厳しく批判! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋 アベの政治を許さない!〕 ★ TPP、強行採決 / 「特別委、抗議の中、採決強行」 ★  「選挙公約」を反古にして、日本を売り渡す暴挙に出た安倍政権を、国民は許しはしない。 »

2016-11-04

〔空から歌が聴こえる〕 ♪ When the Deal Goes Down Bob Dylan

〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ ( 歌詞つき。画面の下に 
 ⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=CEoGqUqy-0w&list=RDCEoGqUqy-0w#t=0

Screenshot2769

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 ★ OED(オックスフォード辞典)によると、the deal とは、informal The situation or state of affairs.―― だそうだ。
 ⇒ https://en.oxforddictionaries.com/definition/deal

 そして、go down とは、North American informal Happen.。

 そうすると、この歌のタイトルの意味、「たとえどんなことになろうとも」―― だろうか?

 どんなことに、とは、どんな重大な事態に陥ろうと、という意味だろう。

 ♪ We live and we die, we know not why
 But I'll be with you when the deal goes down
 

          *

 これは愛の歌だ。

 でも、わたしたち日本人の、「状況の歌」でもある。

 フクイチ核惨事、そして安倍政権……こういうことになってしまったが、そうなっても、そこにいっしょにいるよ、ぼくはいるよ。

 この日本を、守り抜かねばならない。

Posted by 大沼安史 at 01:01 午後 |