« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋に〕◇ 福島沖地震 安倍首相が地球の裏側、アルゼンチンで記者会見、「自治体とも連携し、政府一体となって、安全確保を第一に、災害対応に全力で取り組んでまいります」 ★ 異例の緊急会見ではないか! 「フクイチ」で異常事態が進行しているかも知れない!   | トップページ | 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ ケニア軍は南スーダンから撤退開始! 国連によるケニア軍のPKO司令官罷免(ジュバのホテルでの指揮のミスが罷免理由)に抗議 ★ 同じアフリカの軍隊で、「土地勘」があるケニア軍が引き揚げを始めている! そんな混乱した状況なのに、どうして! »

2016-11-22

〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 派遣隊員、21日、首都・ジュバ着 ―― 「日本の、実弾武装した、第2次大戦以来、最初の実戦部隊が南スーダンに展開」 / ワシントン・ポストが報道 / 戦闘が激化 「自衛隊の銃使用、ありそうもないことでは、ない!」

 ★ 派遣部隊は青森の駐屯地にいれば、今回の福島沖地震で災害が起きた場合、救援に駆けつけることができた!

Screenshot3045

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 ★ 「駆けつけ警護」とか「お試し改憲」とか、安倍政権の仕出かすことは、あまりにも軽すぎる!

          *

〔★は大沼〕 ◎ ワシントン・ポスト : Japan’s first gun-toting troops since WWII have deployed — to South Sudan
 (21日付け)⇒ 
https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2016/11/21/japans-first-gun-toting-troops-since-wwii-have-deployed-to-south-sudan/

 ・ On Monday, however, Japanese forces were actually deployed — but not to any hot spots in East Asia. Instead, dozens of Japanese soldiers landed in Juba, the capital of South Sudan. By mid-December, 350 of them will be stationed there as part of a peacekeeping unit that will be authorized to use guns if needed to protect civilians, U.N. staff or themselves.

 ・ U.N. compounds and peacekeepers have increasingly come under attack in Juba and elsewhere in South Sudan, so it is not unlikely that the new Japanese arrivals may have to use their guns.

Posted by 大沼安史 at 10:56 午前 |