« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋に〕◇ トリチウムによる、二枚貝(ムラサキイガイ)のDNA破壊、海水温が高いほど(25度Cと15度Cを比較)早期に発動 / 逆に、DNA修復遺伝子は低温ほど増加 ―― プリマス大学など英国の研究チームが確認 ★ 地球暑熱化、原発温排水排出で日本の海も海水温が上昇してきた! もちろん、福島沖も! そこに「トリチウム未処理・汚染水」の大量継続垂れ流しが加われば、二枚貝だけでなく海洋生物のすべてが致命的な打撃を受けることになるだろう! | トップページ | 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 南スーダン政府 国連部隊の首都ジュバ展開に同意! 配備を受けれる日時・場所、決まらず ★ エチオピア軍などともに、日本の自衛隊も配置に就くかも知れない! »

2016-11-26

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋に〕◇ 汚染水を浄化した「サリー」と「キュリオン」システムの「吸着剤」廃棄物 1万1000立方メートル(25mプール30杯分)に! 金属製容器などに入れ、現場に仮置き / そして、なんと、「放射線と水の反応で発生した水素が一定濃度以上に増えると爆発する危険性」 / これに加えて、初期に運用した「アレバ」システムの汚泥廃棄物が、596立方メートルも! ◎ 毎日新聞が「フクイチ」に溜まり続ける、もうひとつの脅威=「汚染水除染・放射性廃棄物」の実態をレポート! 

Screenshot3114

………………………………………………………………………………………

 ★ 原子力規制委も、「巨大津波が押し寄せれば外部に漏れ出す恐れがあるため、早急な対策を求めている」が、「行き先」がない!

 金属容器は、除染廃棄物に海水を通したことによる塩分が含まれていることから、腐食の危険もある。

 水素爆発腐食による漏洩津波による海洋汚染……「フクイチ」にはこうした、とんでもないトリプル隠し玉リスクがあった!

          *

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 : 増え続ける「汚染水のごみ」 福島原発、処分方法なく敷地に仮置き
 〈24日付け 柳楽未来記者)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20161124/ddm/016/040/023000c

Posted by 大沼安史 at 12:01 午後 |