« 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 自衛隊先遣隊、ジュバに到着 隊列の先頭に(なぜか)、女性自衛官の姿が! ★ 内戦が激化する戦地に、安倍首相・稲田朋美大臣は、なぜ女性自衛官を「過去最多の15人」も投入するのだろう?  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋に〕◇ 「フクイチ核惨事が引き起こしたカオスと影響の矮小化プロパガンダ、エンジン全開! 高校の教師と東電当局者らは、果たして正気なのか?」 / 18日、ノーマスクの高校生たち13人が、バスで現場を見学! / 有力ネット・メディア ≪Fukushima 311 Watchdogs≫ が、国際社会に告知・批判報道! ★ 1号機はカバーを外し、3号機はカバーを取り付けられない状態なのに! »

2016-11-22

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋に〕 ◇ 18日、 「ノーマスク」の「高校生」たちが、バスで現場を見学! / 3日後の21日、「フルフェース防毒マスク」の高木陽介経済産業副大臣ら国の担当者(と記者団)がバスで「遮水凍土壁」の現場で入りし、凍結した場所(4号機南側)の地下を堀り下げたところ、凍結具合をハンマーでたたくなど「目視」パフォーマンス! ★ 凍結場所に出かけて「凍っている」というアホさ加減! それ以上に…… 高校生らには市販のマスクさえ配布しない、この配慮のなさは何なのだ!

Screenshot3057

Screenshot3055

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 高校生たちには、現場を浮遊する、目に見えない微細放射能ダストによる呼吸被曝の可能性について、事前に説明されていたのだろうか?

          *

Screenshot3056 ★ 高木副大臣らはどうせ現場を「目視」するなら、山側の「不凍結部分」に出かけて、チェックすべきだったろう!

 それにしても、自分たちはフルフェースの完全防毒マスク姿で、高校生には市販の簡易マスクさえ配らない!

 これって、いったい、何なのだ!

          *

〔★は大沼〕◎ 朝日新聞(英文): Fukushima students see crippled nuclear plant firsthand
 (19日付け)⇒ 
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201611190023.html

          * 

◎ NHK : 原発汚染水対策の凍土壁 地面掘り下げて目視で確認
 (21日付け) ⇒ 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161121/k10010777601000.html

 ・ 東京電力福島第一原子力発電所の汚染水対策として計画が進められている「凍土壁」が実際にうまく凍結しているのか、地面を掘り下げての目視での確認が、21日、国の担当者によって行われました。

 ・ 21日は、高木陽介経済産業副大臣ら国の担当者が、4号機の南側を1.2メートルほど掘り下げて作った穴から、凍結の状況を目視で確認しました。穴の中では、地盤の凍った場所の表面にうっすらと霜がつき、ハンマーでたたいてもはねかえされるほど固くなっていました。

 ・ 東京電力によりますと当初、1日350トンほどあった海側のくみ上げ量は台風による雨の影響で、一時、増え最近は200トン程度で推移しています。

また東京電力はこれまでの規制委員会の検討会で凍土壁が順調に効果を上げれば、くみ上げ量は1日70トン程度に抑えられるとしていて、検討会は今後、評価を行うことにしています。

 ★ 200トン-70トン=130トン この130トン分が、「凍土遮水壁」がまともに機能していない証拠ではないか!

Posted by 大沼安史 at 04:27 午後 |